GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子 バラクーダ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ツアー唯一のポイント獲得ゲーム 石川遼が8連戦目

2015年 バラクーダ選手権 事前 石川遼
石川遼は来季のシード権を確実なものにできるか!?【拡大写真】

米国男子ツアー「バラクーダ選手権」が6日(木)から4日間に渡り、ネバダ州のモントルーG&CCで開催される。

2012年大会から、ツアーでは唯一となる「ステーブルフォード方式」が導入されている大会。4日間72ホールのストロークプレーは通常競技と変わらないが、バーディやボギーなどのスコアによって加減される総獲得ポイント数で争う試合だ。

ポイント配分は以下の通り。
・アルバトロス/8ポイント
・イーグル/5ポイント
・バーディ/2ポイント
・パー/0ポイント
・ボギー/-1ポイント
・ダブルボギー以下/-3ポイント

バーディとボギーのポイント差を見れば分かる通り、攻撃的な選手に向いた試合形式といえる。前年大会はジェフ・オギルビー(オーストラリア)が49ポイントを獲得して優勝。過去3大会での最高ポイントを記録した(12年/43ポイント、13年/44ポイント)。

日本勢では、来季シード争いの渦中にいる石川遼が、6月「全米オープン」から数えて8連戦目を迎える。前週「クイッケンローンズ・ナショナル」を10位で終えて、フェデックスカップランク125位、賞金ランク109位といずれも来季シード圏内(どちらか125位以上)に浮上した。フェデックスカップランク125位以上でシーズンを終えればプレーオフ進出の権利も得られる。そのポジションをより確かなものすることができるか。

今田竜二はウェイティングからの繰り上がりでフィールドに入ったが、諸事情により出場を辞退。なお、松山英樹は同週開催の世界ゴルフ選手権「WGCブリヂストンインビテーショナル」に出場する。

【主な出場予定選手】
G.オギルビーチェ・キョンジュB.クレインJ.デーリーD.デュバルR.グーセンT.イメルマン石川遼今田竜二S.J.パク、S.サンダース、D.トムズM.ウィルソン


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?