GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子 全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

全米オープン
期間:06/18~06/21  場所: チェンバーズベイGC(ワシントン州)

太平洋岸北西部で初開催 松山英樹ら日本勢5人が全米制覇に挑む

2015年 全米オープン 事前 マルティン・カイマー
昨年はドイツのM.カイマーが初日から首位を守りきって完全優勝を果たした【拡大写真】

2015年の海外メジャー第2戦「全米オープン」は18日(木)、ワシントン州のチェンバーズベイGCで開幕する。115回目を数える歴史あるメジャーにして太平洋岸北西部では初の開催、しかも開場からわずか8年のコースで開催されるとあって、世界最高峰の選手たちの反応も注目されている。

戦いで話題の中心となるのは、世界ランク1、2位の2人となりそうだ。昨年8月から世界トップの座を譲っていないロリー・マキロイ(北アイルランド)は、今季すでに3勝を挙げているものの、直近2戦は欧州ツアーでいずれも予選落ちを喫しており、調子をどこまで戻せるか? 一方、今季メジャー初戦「マスターズ」を制したジョーダン・スピースは爆発力が健在で、今季トップ10フィニッシュが9試合を数える安定感も維持してメジャー連勝に挑む。

そのスピースに次いでトップ10回数が多いのは日本の松山英樹で8試合。大会連覇をかけた直近の「ザ・メモリアルトーナメント」でも最終日にもしや?の期待も抱かせる猛追シーンを作って5位に入るなど、着実に上位で戦う力を付けてきた。5位に終わった「マスターズ」を経て、メジャー制覇へのフォーカスを絞り込んでいる。

また、自己ワーストの「85」を叩くなど不振が続く過去大会3勝のタイガー・ウッズの復活ぶりも注目の的。唯一手にしていないメジャータイトルの今大会に、史上6人目のキャリアグランドスラム達成をかけるフィル・ミケルソンの復活にも期待が集まる。

日本勢では松山とともに米ツアーを主戦場とする石川遼も、直前の地区予選会を突破して3年ぶり4度目となる出場権を自力でもぎとった。日本地区予選を通過した藤田寛之川村昌弘薗田峻輔も出場。選手を悩ませるこだわりのコースセッティングで、例年は「世界一難しい」ともいわれるメジャーがいよいよ幕を開ける。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?