GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子 WGC キャデラックマッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

WGC キャデラックマッチプレー
期間:04/29~05/03  場所: TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)

マキロイ、スピース、松山らが順当勝ち デイは黒星スタート

2015年 WGC キャデラックマッチプレー 初日 ジョーダン・スピース
J.スピースは初戦、M.イロネンを4&2で破り、好スタートを決めた【拡大写真】

◇世界ゴルフ選手権◇WGCキャデラックマッチプレー選手権 初日◇TPCハーディングパーク◇7127yd(パー71)

世界ゴルフ選手権シリーズで唯一のマッチプレーによる戦いが開幕。穏やかな青空の下、今年から方式が変わり、4選手ずつ16組に分けられた総当たりの予選ラウンド1回戦が行われた。

順当に勝利を挙げたのは、ロリー・マキロイ(5&4:●ジェイソン・ダフナー)、ジョーダン・スピース(4&2:●ミッコ・イロネン)、バッバ・ワトソン(5&4:●ミゲル・アンヘル・ヒメネス)、ダスティン・ジョンソン(3&1:●マット・ジョーンズ)ら。松山英樹もフランスのアレクサンダー・レビを危なげなく5&4で下す好スタートを決めた。

一方で、ランキング上位選手が簡単に勝てないのもマッチプレーの難しさ。ヘンリック・ステンソン(19ホール:○ジョン・センデン)、アダム・スコット(5&4:○フランチェスコ・モリナリ)、ジャスティン・ローズ(3&2:○マーク・レイシュマン)、さらにディフェンディングチャンピオンのジェイソン・デイ(4&3:○チャーリー・ホフマン)らが、初日に黒星スタートとなった。

予選ラウンドはグループ内で総当たりの3試合が行われ、各組上位1選手が決勝ラウンドへと進出する。あす、松山は、初戦でケビン・ナを下したオランダのジュースト・ルイテンと対戦する。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?