GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ
期間:01/09~01/12  場所: プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

松山英樹が通算17アンダー首位浮上 今季初Vに王手!

順位 選手名 通算 合計
1 松山英樹 -17 202
1 J.ウォーカー -17 202
3 P.リード -15 204
3 ベ・サンムン -15 204
5 B.トッド -14 205
5 R.ヘンリー -14 205
7 B.ワトソン -12 207
7 R.ストレブ -12 207
7 S.ストーリングス -12 207
10 Z.ジョンソン -11 208

スコア詳細を見る

2015年 ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ 3日目 松山英樹
連日の「66」をマーク! 首位で明日の最終日を迎える松山英樹【拡大写真】

◇米国男子◇ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ 3日目◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ) ◇7,452ヤード(パー73)

ハワイ特有の強い風がコース上空を舞った3日目、首位と1打差の10アンダー5位タイから出た松山英樹が、8バーディ、1ボギー、連日のベストスコアとなる「66」をマーク。ジミー・ウォーカーと並び通算17アンダーで首位に浮上した。

スタートの1番は2日連続でボギーとしたが、5番(パー5)でバーディを奪い返すと、前半7番、後半13番からそれぞれ3連続バーディを奪取。最終18番(パー5)は2打目をフェアウェイ右サイドのラフに入れたが、3打目のアプローチはカップをかすめ、惜しくもイーグルを逃すもバーディフィニッシュ。2日連続で7打伸ばし、昨年5月「ザ・メモリアルトーナメント」に続く通算2勝目、そして今季初優勝に王手をかけた。

この日は最終組でラウンドしたウォーカーは、一時は松山に単独首位を奪われながらも、最終18番でバーディを奪って松山に食らいついた。最終日は首位で並ぶ松山と、最終組での直接対決となる。

首位と2打差の通算15アンダー3位に、ベ・サンムン(韓国)とパトリック・リードの2選手。通算14アンダー5位にはラッセル・ヘンリーブレンドン・トッド、通算12アンダー7位にバッバ・ワトソンスコット・ストーリングスらが続いている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?