GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子 全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

全米オープン
期間:06/12~06/15  場所: コングレッショナルCC(メリーランド州)

加瀬大健闘2アンダー6位タイと好位置キープ。タイガーは4オーバー発進。首位はモンゴメリー!

順位 選手名 通算 合計
1 C.モンゴメリー -5 65
2 H.サットン -4 66
2 S.ストリッカー -4 66
4 M.マクナルティ -3 67
4 T.レーマン -3 67
6 加瀬秀樹 -2 68
6 D.シュレイヤー -2 68
8 J.スルーマン -1 69
8 J.レナード -1 69
10 M.ブリスキ 0 70

スコア詳細を見る

予選では調子のでなかった加瀬秀樹が素晴らしいゴルフを見せて6位。6番でダブルボギーを叩いたものの、すぐ7番、8番のバーディで取り返すという好展開で、「がまんのゴルフで行こうと思った」作戦が成功。インに入ってからも15番、16番でバーディが来て、トータル2アンダーの68。意外といっては失礼だが、大健闘だ。

予選では好調だったはずのジャンボは大苦戦。ドライバーはまずまずだったが、肝心のアイアンが思ったところに行ってくれず、パットまでおかしくなってきた。フラストレーションのたまったラウンドだった。

コングレッショナルのラフは公式には5インチということになっているが、実際には8インチ、約20センチくらいはある。長いだけでなく、粘っこい。グレッグ・ノーマンでさえ「ラフに入ったらグリーンは狙えない」と言う。

モンゴメリーが初日を走っている。このままスコアが伸びるとは誰も思っていないが(予想では5アンダー説が多い)、ひょっとしたらこのままモンティが勝つかもという声も多い。なんといってもヨーロッパでは文句無しの第一人者。ごっつい体で、とにかく飛ばす。飛距離はジャンボより20ヤードくらいは前に行っているのではないだろうか。

タイガー・ウッズは苦戦している。ダブルボギーを叩き、パットが入らず、最終18番でも池に入れて4オーバーの74。練習ラウンドではラフに入ったのを見たことのない2番アイアンのティショットが、今日は信頼応えてくれなかった。練習ラウンド中、ずっと気にしていたパットは、やはりフィーリングが出ていなかった。
だいたい練習ラウンドなんて、あてにできない。ダンラップという選手がいるが、火曜日の練習中にホールインワン。しかし「練習日のショット(チューズディズ・ショット)だからね。意味がない」という趣旨のことを言っていた。実際、本戦になると、ガラリとショットも変わってしまう。

タイガー・ウッズは3日目は作戦を変えるのではないだろうか。おそらく、2アイアンを捨てて、ドライバーを使い始める。どうせ曲がるのならドライバーで距離を稼いだほうがいい。しかし、この作戦変更が吉と出るか凶と出るか。それはわからない。予選落ちか、それとも一気に上位へ躍進か。ギャンブルに似ている。
しかし、明日、タイガーはおそらくギャンブルに打って出る。それしか方法はない。

特派・近藤雅美


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?