GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子 全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

全米オープン
期間:06/12~06/15  場所: コングレッショナルCC(メリーランド州)

さぁ、明日からいよいよオープン本戦だ。熾烈な戦いが火蓋を切る

月曜火曜と調子を落としていた加瀬秀樹が、だんだん復活してきた。このところの転戦に疲れ切っていたらしい。まだ完全復調とまでは言えないが、本来の加瀬らしいプレーが今日は随所に見られた。ジャンボは相変わらず調子がよさそう。今年は期待できるかも知れない。
タイガー・ウッズは今日も1人でラウンド。10番から18番まで、午前中にハーフをプレーして切りあげた。この全米オープン、練習日はカメラのストロボ焚き放題。タイガーがティグラウンドに上がると、周囲をとりかこんだマニアたちが争ってストロボを光らせる。「まるでステージに立ってるみたいだ」とタイガーも苦笑。

型破りといえば、オープン史上初めてのことだが、キャディのショートパンツ(半ズボン)が許された。練習ラウンドではみんな勝手な格好をしていても、本戦ではキチッとしたオーソドックスなスタイルに変貌するのだが、今年はだいぶ様相が異なりそうだ。なにしろ暑い(華氏88度!)から、歓迎するキャディが多いだろう。まるでハワイオープンのような感じになる。

月曜火曜と練習ラウンドをこなした選手たちは、さすがに水曜日はあっさり切り上げる。午前中に軽くハーフ回っておしまいという選手が多い。それでもギャラリーは圧倒的に多く、日本の試合の最終日くらいは集まってきている。
上がり18番ホール、ジャンボがグリーンに上がってきたら「ヘーイ、ジャンボ! ジャンボ!」とギャラリーの中から何回も声がかかった。人気があるんだなーと声の出どころをみたら、赤い顔をしたオッサンで、足元にはビールの紙コップが10コぐらい転がっていた。次の選手が上がってきたら、また同じように大声で名前をわめいている。なーんだ。

タイガー・ウッズのオッズは5対1という。2位はあいかわらずノーマン。ニック・ファルドが調子がいい感じだ。レッドベターがべったりくっついていた。日本人ギャラリーもけっこう目立つ。クリントン大統領が開会式に来るかもしれないという噂が流れている。
当地はかなり緯度が高く、夏時間ということもあるが、夜8時(日本時間では翌日の朝7時)までは十分にプレーができる。9時ごろになってようやく暮れかかる。朝も少なくとも6時にはもう明るかった。1日が長すぎで、だんだん疲労がたまってくるようだ。
今日は曇り。天気予報では木曜はなんとかもつが、金曜に雷雨の可能性もあるようなことを言っている。ちょっと心配だ。

特派・近藤雅美


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?