GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

マスターズ
期間:04/06~04/09  場所: オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

復調デュバル65マークで首位に。ジャンボは後退18位。丸山も予選通過。

順位 選手名 通算 合計
1 D.デュバル -6 138
2 V.シン -5 139
2 E.エルス -5 139
2 P.ミケルソン -5 139
5 S.ジョーンズ -3 141
5 T.レーマン -3 141
7 R.グーセン -2 142
7 J.スルーマン -2 142
7 L.ロバーツ -2 142
7 B.ランガー -2 142

スコア詳細を見る

オーガスタナショナルは2日目も快晴。風もまずまずの穏やかさで絶好のバーディ日和となった。このコンディションに乗ったのがマッチョ変身のデビッド・デュバルだ。アイアンの切れも復活し、2番ロングでまずイーブン。12番ショートでもバーディ。14番でも入れて2アンダー。稼ぎ所の15番ロングはイーグル。17番18番もバーディで締めくくって、なんと65をマークし、一気に首位に立った。久しぶりに強いデュバルがよみがえった。

タイガー・ウッズはイライラのつのるラウンドだった。とにかく寄らない。入らない。本来なら3~4ストロークは詰めておきたい第2ラウンドなのに、結局現状維持のパープレー。あと2日、奇跡のゴルフをしない限り二度目のマスターズ勝利はなくなった。

日本選手ではジャンボ尾崎が今日もまずまずのゴルフ。2番をボギーとする嫌な展開だったが8番9番と盛り返し、11番12番のボギーも14番15番の連続バーディで帳消し。結局4バーディ4ボギー。2日続けての72で順位は18位とすこし後退したものの、悠々の予選通過で気分は悪くない。「まだやりたいことの半分しかできていない。明日からは守りのゴルフではなく、攻める」と強気の発言も飛び出してきた。

丸山茂樹は苦しかった。いきなり1番をボギー。8番で「もう来ないかと諦めかけていた」という待望の初バーディが来て、少し明るい雰囲気になったが、すぐその後で11番のダブルボギー。だが「このダボでかえって冷静になれた」という。後のない6オーバーまで追い詰められてから、13番14番15番と大逆転の3連続バーディが決まってくれた。トータル3オーバー。カットラインに1ストロークの余裕をもっての決勝進出だ。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?