GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子ベルサウスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ベルサウスクラシック
期間:03/29~04/01  場所: TPC at シュガーローフ(ジョージア州)

横尾要が首位に1打差の2位タイ。丸山茂樹も7位タイの好スタート。

2001/03/31 09:00

ジョージア州のTPCシュガーローフで行われているベルサウスクラシックの初日。前日予定されていた予選第1ラウンドが雨のため中止となり、1日遅れのスタートとなった。
今大会は次週にマスターズが開催されることもあり、出場を辞退する選手も多い。となると、大会エントリーのウェイティングリストに入る、シード権を持たない横尾要に出場機会が巡ってくることになる。

その横尾が4バーディ、ノーボギーで首位と1打差の2位タイに入った。10番ホールからスタートした横尾は、前半の2つのパー3でバーディを奪い、後半に入ると3番パー4、最終9番パー4でバーディを奪った。最近の横尾はバーディを取るがボギーも叩くという出入りの激しいゴルフが続いたが、本日はボギーなし。この調子を維持し、前回出場のニッサンオープンで記録した7位タイよりも上位でフィニッシュしてもらいたい。

横尾に負けず好スコアを出したのが丸山茂樹。マスターズに向け国内で調整をしてきた丸山は4週間ぶりのツアー復帰。仕上がり具合が気になる。スタートの1番をボギーにしてしまったが、3つのバーディで前半を1アンダーで折返し、10番パー5ではイーグルを奪いトータル3アンダー、横尾に1打遅れたが7位タイの好スタートをきった。

初日トップに立ったのはM.ドーソン。横尾と並ぶ2位タイにはS.フレッシュなど5人がいる。ディフェンディングチャンピオンのP.ミケルソンは2アンダー16位タイでD.ラブIIIと並んでいる。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?