GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子ベイヒルインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

ベイヒルインビテーショナル
期間:03/15~03/18  場所: ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

来た!!ついにタイガー・ウッズが首位に立った。最終日はT.ウッズとS.ガルシアが最終組。

フロリダ州オーランドで行われているベイヒル・インビテーショナルの3日目。2日目に上位陣がスコアを伸ばせず混戦模様となったが、決勝ラウンドの初日はメジャーを狙う顔ぶれが上位に上がってきた。

2日目終了時点で6アンダー7位につけていた、ディフェンディングチャンピオンのT.ウッズが7バーディ1ボギーの66を出し、12アンダーで一気にトップに立った。
2位でスタートしたS.ガルシアも、スコアを4つ伸ばし、タイガーに1打差の11アンダーで単独2位につけている。最終日は若手注目選手としてゴルフ界の期待を背負うT.ウッズS.ガルシアが最終組で争うことになった。

10アンダー3位はC.ペリー。さらに1打差9アンダーには、今シーズン欧州ツアー2勝、再来週行われるマスターズのディフェンディングチャンピオンのV.シンが、タイガーと同じくベストスコアの66を出し19位から浮上してきた。
トップのタイガーから4打差の5位グループには、P.ミケルソンL.ジャンセンら実力者が顔を連ね、その中にはG.ノーマンも加わっている。

尾崎直道は17番ホールを終わって4アンダーと一時は15位グループまで順位を上げたが、最終18番ホールでダブルボギーを叩き2アンダーで43になった。

今年のタイガーは米ツアーで4位が最高で、2週間前に出場した欧州ツアーのドバイ・デザート・クラシックでは、最終日を首位でスタートをしたが逆転を喫し優勝を逃している。そろそろ完全に復調し、メジャー4連勝のかかるマスターズに備えたいところだ。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?