GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

フェニックスオープン
期間:01/25~01/28  場所: TPC of スコッツデール(アリゾナ州)

M.カルカベッキア28アンダーでツアータイ記録。2位に8打差、余裕の勝利。

2001/01/29 09:00

順位 選手名 通算 合計
1 M.カルカベッキア -28 256
2 R.メディエイト -20 264
3 St.ローリー -16 268
4 S.バープランク -14 270
5 T.ウッズ -13 271
5 C.ディマルコ -13 271
7 T.レーマン -12 272
7 S.ストリッカー -12 272
9 J.デーリー -11 273
9 D.トムズ -11 273

スコア詳細を見る

最終日は連日に悪天も回復し、2日連続のサスペンデッドで最終組は1.5ラウンド以上をまわることになった。

優勝はやはりM.カルカベッキア。2位に6打差の24アンダーでスタートしたM.カルカベッキアは、最終ラウンドに入ってもショットが好調で14番から4連続バーディなど、さらにスコアを伸ばし、17番で28アンダーとした。最終18番で惜しくもバーディパットを外したが、98年ソニーオープンでのJ.ヒューストンのもつPGAツアー最多アンダーパー記録に並んだ。
M.カルカベッキアはこのフェニックスオープン3勝目となり、PGAツアーでは98年のホンダクラシック以来2ケタの10勝目を挙げた。

10位タイで最終ラウンドに入った丸山茂樹は、要所でパットが決まらず3ボギーを出すなどこの日1アンダー、トータル8アンダーの19位タイに順位を下げてしまった。
最終日になって、ようやくタイガーチャージが出た。スコアを6つ伸ばし、5位タイまで順位を上げた。15番からの上がり4ホールをバーディで締めるなど、次週以降の活躍を予感させるプレーを見せた。

先週の初日にトップに立ちながら日ごとに失速したJ.デーリーは、4日間アンダーパーを続け11アンダー、2年ぶりにトップ10入りした。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?