GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子メルセデス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

メルセデス選手権
期間:01/09~01/12  場所: プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

E.エルスがスコアを伸ばし17アンダーで単独首位。丸山は・・・

順位 選手名 通算 合計
1 E.エルス -17 129
2 B.エステス -14 132
3 チェ・キョンジュ -12 134
4 R.グーセン -11 135
4 Je.ケリー -11 135
4 C.ライリー -11 135
7 I.レガット -10 136
7 J.フューリック -10 136
9 K.サザーランド -9 137
9 J.ベアード -9 137

スコア詳細を見る

昨シーズンのチャンピオン36名が参加している米国ツアーの開幕戦「メルセデス選手権」の第2ラウンド。初日9アンダーで首位タイからスタートした南アフリカのアーニー・エルスが、17アンダーまでスコアを伸ばし単独首位に立った。

今大会出場選手中、世界ランキング最上位のエルスが、その実力を遺憾なく発揮している。初日にイーグルを2つ奪い、この日もチップインイーグルを奪った。12番ではフェアウェイ右サイドのバンカーに捕まったが、セカンドショットでピン手前2メートルにつけバーディ。終始安定したスウィングでバーディを積み重ねている。

3打差の2位にはB.エステス、さらに2打差の12アンダーに韓国の崔京周がつけている。そして、この日最もスコアを伸ばしたレティーフ・グーセンが11アンダーの4位に急浮上した。2年連続で欧州ツアーの賞金王になったグーセンだが、今シーズンは米ツアーにも積極的に参戦する予定だ。開幕戦からグーセンとエルスの南アフリカ勢が優勝争いを演じるのだろうか。

7アンダー6位からスタートした丸山茂樹は、10アンダーまで伸ばしたが、距離の短い14番パー4で今大会初めてのボギーを叩いた。そして続く15番パー5では悪夢が襲い掛かった。セカンドショットをフェアウェイ右サイドに運んだが、3打目のアプローチはグリーン手前の傾斜にかかり打った位置よりもさらに遠くまでボールが戻ってしまった。さらに続く4打目もわずかにグリーンに届かず、今度は足元に帰ってきてしまった。5打目でピン奥に乗せたが、ボギーパットが決まらずスタート時の7アンダーまで戻ってしまったのだ。 首位エルスとは9打差になってしまったが、明日以降天候しだいでは、まだ諦める差ではない。明日以降の巻き返しを期待しよう。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?