GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子チューリッヒクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

チューリッヒクラシック
期間:04/28~05/01  場所: TPCルイジアナ(ルイジアナ州)

B.ワトソンがプレーオフを制し、今季2勝目!

順位 選手名 通算 合計
1 B.ワトソン -15 273
2 W.シンプソン -15 273
3 J.ダフナー -13 275
3 T.ゲイニー -13 275
3 チェ・キョンジュ -13 275
6 M.ジョーンズ -12 276
6 G.マクニール -12 276
8 B.メイフェア -10 278
8 D.マティス -10 278
8 A.ロメロ -10 278

スコア詳細を見る

2011年 チューリッヒクラシック 最終日 バッバ・ワトソン
プレーオフを制し、今季2勝目を手にしたB.ワトソン(Hunter Martin /Getty Images)【拡大写真】

ルイジアナ州のTPCルイジアナで行われている米国男子ツアー第18戦「チューリッヒクラシック」の最終日。バッバ・ワトソンが、ウェブ・シンプソンとのプレーオフを制し、通算15アンダーで、ツアー通算3勝目を飾った。

初日から首位を守って最終日を迎えたワトソンは、2番パー5でイーグルを奪う好発進。2打目をピン手前2.7メートルに寄せるスーパーショットを見せた。さらに続く3番、4番で連続バーディを奪ってスコアを伸ばし、1イーグル、3バーディ、1ダブルボギーの「69」でホールアウトした。

一方、シンプソンも1番バーディ、2番イーグルと、両者譲らぬ接戦を展開し、1イーグル、4バーディ、3ボギーの「69」でホールアウト。勝負はプレーオフへ持ち越された。プレーオフ1ホール目は、両者バーディを奪う互角の競り合い。そして運命の2ホール目、約1メートルのバーディパットを決めたワトソンが、今季2勝目となる優勝を手にした。

首位と2打差の通算13アンダー、3位タイには、ジェイソン・ダフナートミー・ゲイニーチェ・キョンジュ(韓国)の3選手が並んだ。ルーク・ドナルド(イングランド)は、通算10アンダー、8位タイとなっている。リッキー・ファウラーは通算5アンダーの26位タイで今大会を終えている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?