GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子チューリッヒクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

チューリッヒクラシック
期間:04/28~05/01  場所: TPCルイジアナ(ルイジアナ州)

W.シンプソンが首位タイに浮上!B.ワトソンと並んで最終日へ

順位 選手名 通算 合計
1 W.シンプソン -12 204
1 B.ワトソン -12 204
3 J.ロリンズ -11 205
4 G.マクニール -10 206
4 C.ハウエルIII -10 206
4 チェ・キョンジュ -10 206
4 T.ゲイニー -10 206
4 S.ストリッカー -10 206
4 M.ジョーンズ -10 206
10 J.デュラント -9 207

スコア詳細を見る

2011年 チューリッヒクラシック 3日目 ウェブ・シンプソン
首位タイに浮上し、ツアー初勝利に大きく前進したW.シンプソン(Hunter Martin /Getty Images)【拡大写真】

ルイジアナ州のTPCルイジアナで行われている米国男子ツアー第18戦「チューリッヒクラシック」の3日目。ウェブ・シンプソンが「67」をマークしてトップタイに浮上し、バッバ・ワトソンに並び、通算12アンダーで最終ラウンドを迎えることになった。

通算7アンダーの4位タイからスタートしたシンプソンは、ティショットをピンそば2メートルにつけた3番(パー3)から一気に5連続バーディ。その後はすべてパーでしのぎ、ツアー初勝利へ向け大きく前進した。

一方、ワトソンはこの日、4バーディ、2ボギーと2つしかスコアを伸ばせなかったが、これで3日間首位の座をキープ。ドライビングディスタンスでも相変わらずトップに立ち、「ファーマーズ・インシュランスオープン」以来の今季2勝目へ視界は良好だ。

それでも上位はトップから3打差以内に10人、5打差以内に20人がひしめく混戦模様とあって、油断はできない。1打差の単独3位にはジョン・ロリンズ、さらに1打差の通算10アンダー、4位タイにはスティーブ・ストリッカーチェ・キョンジュ(韓国)ら実力者が続いている。

5打差で追う16位タイのルーク・ドナルド(イングランド)、ニック・オハーン(オーストラリア)らも怖い存在。リッキー・ファウラーは通算6アンダーの21位タイとなっている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?