GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子ザ・ヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

ザ・ヘリテージ
期間:04/21~04/24  場所: ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

B.スネデカーが逆転勝利!今田は30位タイフィニッシュ

2011年 ザ・ヘリテージ 最終日 ブラント・スネデカー
L.ドナルドをプレーオフで下したブラント・スネデカー(Streeter Lecka/Getty Images)【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 B.スネデカー -12 272
2 L.ドナルド -12 272
3 T.ゲイニー -11 273
4 T.ヘロン -10 274
4 R.バーンズ -10 274
6 N.オハーン -8 276
6 B.クレイン -8 276
6 P.ペレス -8 276
9 K.ナ -7 277
9 P.ゴイドス -7 277

スコア詳細を見る

サウスカロライナ州ハーバータウンGLで開催されている、米国男子ツアー第17戦「ザ・ヘリテージ」の最終日。ブラント・スネデカーが、プレーオフに持ち込まれた僅差の接戦を制し、2007年の「ウィンダム選手権」以来4年ぶりのツアー通算2勝目を飾った。

スネデカーは、スタート直後の2番から4番を、3連続バーディとし勢いに乗ると、6番、7番で再び連続バーディを奪取。前半折り返し直前の9番でもスコアを伸ばし、6ストローク伸ばす好調さを見せる。後半12番まで、ノーボギーのスネデカーだったが、13番パー4で2オンに成功するも3パッドのボギー、しかし、直後の14番では、約5メートルのバーディパットを沈めるなど、粘りを見せた。16番はティショットを、フェアウェイ左のバンカーに入れると、2打目もグリーンサイドのバンカーへ。3オン2パットで再びボギーとし、優勝争いを繰り広げていたルーク・ドナルドに首位を譲る。

後がなくなったスネデカーが、最終18番で放った渾身のセカンドショットは、ピン横3.6メートルにつけ、このバーディパットを沈めてプレーオフに持ち込んだ。そしてプレーオフ3ホール目、パーパットを外したドナルドを下して優勝を勝ち取った。

通算11アンダーの単独3位にはトミー・ゲイニー、通算10アンダーの4位タイには、ティム・ヘロンリッキー・バーンズが並んでいる。36位タイからスタートした今田竜二は、4バーディ、3ボギーと1ストローク伸ばし、30位タイで今大会を終えている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?