GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子バレロテキサスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

バレロテキサスオープン
期間:04/14~04/17  場所: TPCサンアントニオ(テキサス州)

首位に7名が並ぶ大混戦!今田は決勝ラウンドへ進出

順位 選手名 通算 合計
1 R.ビーム -3 141
1 G.オギルビー -3 141
1 K.サザーランド -3 141
1 B.スネデカー -3 141
1 C.ホフマン -3 141
1 K.チャッペル -3 141
1 B.スティール -3 141
8 A.スコット -2 142
8 C.トリンガーリ -2 142
8 M.エブリー -2 142

スコア詳細を見る

2011年 バレロテキサスオープン 2日目 アダム・スコット
2ストローク落としながら、首位に1打差に留まったA.スコット。大会連覇に向けて好位置で決勝ラウンドを迎える(Darren Carroll/Getty Images)【拡大写真】

テキサス州TPCサンアントニオで開催されている、米国男子ツアー第16戦「バレロテキサスオープン」の2日目。ジェフ・オギルビー(オーストラリア)、ブラント・スネデカーチャーリー・ホフマン、ケビン・チャペル、ケビン・サザーランドリッチ・ビームブレンダン・スティールの7名が、通算3アンダーで首位タイに並ぶ大混戦となっている。

強風により、出場選手全体がスコアに伸び悩み、3アンダー以上でホールアウトしたのが、たったの4名という悪コンディションの中、2日目を2アンダーでラウンドしたビームとサザーランドが首位タイに急浮上している。

前週の「マスターズ」を2位タイでフィニッシュしたアダム・スコット(オーストラリア)は、通算2アンダーの8位タイ。3位タイからスタートしたスコットだったが、この日は連続ボギー発進とするなど、スコアを2つ落として後退。しかし、首位と1打差、連覇と前週のリベンジを懸けて3日目に挑む。

日本人の今田竜二は10番からスタートするも、ボギーが先行する苦しい立ち上がりで、前半は1バーディ、5ボギーでスコアを4つ落としてしまう。後半に入って何とかスコアを取り戻したい今田は、2番、5番でバーディを奪うが、最終9番を再びボギーとし、通算3オーバーの57位タイでホールアウト。5試合ぶりに予選通過を果たし、決勝ラウンドへ駒を進めた。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?