GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子 バレロテキサスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

バレロテキサスオープン
期間:04/14~04/17  場所: TPCサンアントニオ(テキサス州)

J.J.ヘンリー、S.シンクが首位発進!今田は51位タイ

順位 選手名 通算 合計
1 J.J.ヘンリー -5 67
1 S.シンク -5 67
3 C.ホフマン -4 68
3 J.ベガス -4 68
3 V.テーラー -4 68
3 K.チャッペル -4 68
3 A.スコット -4 68
8 T.マッテソン -3 69
8 K.ストリールマン -3 69
8 J.ハーマン -3 69

スコア詳細を見る

2011年 バレロ・テキサスオープン 初日 J.J.ヘンリー
トップタイでスタートを切ったJ.J.ヘンリー。終始安定したプレーを見せた【拡大写真】

米国男子ツアー第16戦「バレロテキサスオープン」が14日(木)、テキサス州TPCサンアントニオで開幕。「67」をマークしたJ.J.ヘンリースチュワート・シンクが5アンダーの首位タイでスタートを切った。

1打差の3位タイに続いたのはチャーリー・ホフマンボーン・テーラーケビン・チャッペルの米国勢に加え、今季2勝目を狙うジョナサン・ベガス(ベネズエラ)。そして大会のディフェンディングチャンピオンで、前週の「マスターズ」ではトップに2打差の2位タイに入ったアダム・スコット(オーストラリア)も加わった。

上位陣が混戦となる中、さらに1打差の3アンダーの8位タイにはジェフ・オギルビー(オーストラリア)やブラント・スネデカーら6人。マスターズで7位のアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)は1アンダーの24位タイ。同8位のボ・バンペルトは3オーバーの103位タイと大きく出遅れた。

唯一の日本勢、今田竜二は4バーディ、4ボギーの「72」で回りイーブンパーの51位タイで第2ラウンドを迎える。

また、「80」と崩れたケビン・ナは、9番で「16打」を記録。第1打を右に曲げてアンプレアブルとすると、打ち直しの第3打も右の林へ打ち込み、その後、打球が木に当たって跳ね返り、自らに当たるペナルティなども含めて大トラブルとなった。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?