GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子WGC キャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

WGC キャデラック選手権
期間:03/10~03/13  場所: ドラール・ゴルフリゾート&スパ(フロリダ州)

D.ジョンソンが単独首位に、石川遼は16位タイに浮上

順位 選手名 通算 合計
1 D.ジョンソン -13 203
2 L.ドナルド -11 205
2 M.クーチャー -11 205
2 N.ワトニー -11 205
5 A.スコット -10 206
5 R.マキロイ -10 206
5 F.モリナリ -10 206
5 H.メイハン -10 206
9 P.ハリントン -9 207
9 M.レアード -9 207

スコア詳細を見る

2011年 WGC キャデラック選手権 3日目 ダスティン・ジョンソン
ダスティン・ジョンソンが今季初優勝に王手!【拡大写真】

フロリダ州ドラールリゾート&スパで行われている「WGC ギャデラック選手権」は12日(土)、第3ラウンド。3アンダーの19位タイで出た石川遼は「70」で通算5アンダーとし、16位タイに順位を上げた。

6アンダーの8位タイでスタートしたダスティン・ジョンソンが、この日のベストスコア「65」をマークして通算13アンダーとし、2位タイのルーク・ドナルド(イングランド)、マット・クーチャーニック・ワトニーに2打差をつけて単独トップに立った。

藤田寛之は通算2オーバーの50位タイ、池田勇太は通算5オーバーの58位タイで最終日に入る。

石川遼は我慢のゴルフを展開

出だしの1番でバーディ発進した石川だったが、この日はショットがまとまらずパーオン率は3日間で最低の44%。しかしアプローチやパットで耐え続けた。「きょうも風が強くて難しいコンディションの中、なんとか最後の9ホールをパーにできた」。最終18番ではティショットを池に入れながらも、10メートルのパーパットを沈めて大歓声。日本の大震災に胸を痛めながらのプレーが続くが「勇気を与えられるように、自分ができることをやります」と話した。

D.ジョンソンは2位以下に2打差をつけて最終日へ

ムービングサタデーに一気に浮上したのはダスティン・ジョンソン。13番でのチップインバーディを見せるなど、後半インで5バーディ、ノーボギーの「31」をマークし「今年に入ってから、本当に素晴らしいラウンドの一つだ」と自画自賛した。狙うは昨年のFedEx Cup第3戦「BMW選手権」以来の優勝。「きょうはドライバーも、パターも、ショットも良かった。明日ももう一度、同じようにプレーしなければならない」と強豪ぞろいの大会制覇に気を引き締めていた。

R.マキロイも今季初勝利の射程圏内に

7アンダーの4位タイでスタートしたロリー・マキロイ(北アイルランド)がジョンソンと3打差の5位タイにつけている。「きょうは左へのミスショットがたくさん出た」としながらも、上りの2ホールで連続バーディを奪う役者ぶりを発揮。6バーディ、3ボギーの「69」をマークした。今大会期間中にはマイアミで行われたNBAの試合を生観戦してリフレッシュ。「(首位と)3打差は悪くない」と視線を鋭くした。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?