GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子マヤコバゴルフクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

マヤコバゴルフクラシック
期間:02/24~02/27  場所: エル・カマレオンGC(メキシコ)

J.ワグナーがプレーオフを制し、3年ぶりの勝利!

順位 選手名 通算 合計
1 J.ワグナー -17 267
2 S.レビン -17 267
3 J.クック -14 270
4 C.ストラウド -13 271
5 R.サバティーニ -12 272
5 D.トムズ -12 272
5 B.ゲイ -12 272
5 B.ベアード -12 272
5 J.ライル -12 272
5 B.ゲイツ -12 272

スコア詳細を見る

2011年 マヤコバクラシック 最終日 ジョンソン・ワグナー
プレーオフを制し、3年ぶりのタイトルを手にしたJ.ワグナー(Michael Cohen /Getty Images)【拡大写真】

メキシコにあるエル・カマレオンGCで行われている米国PGAツアー第6戦「マヤコバクラシック」の最終日。ジョンソン・ワグナースペンサー・レビンとのプレーオフを制し、08年の「シェルヒューストンオープン」以来となるツアー2勝目を手にした。

単独首位からスタートしたワグナーは、この日4バーディ、ノーボギーと最終日の重圧を感じさせない安定したプレーを披露。そのワグナーを脅かしたのが、前半からバーディを量産したレビン。この日7バーディ、1ボギーとバーディラッシュを演じ、ワグナーと並ぶ通算17アンダーでホールアウトし、プレーオフへと持ち込んだ。

18番パー4で行われたプレーオフ1ホール目。確実にパーセーブしたワグナーに対し、レビンはボギーを叩いて早々に決着。レビンはツアー初勝利を惜しくも逃す結果となった。通算14アンダーの単独3位にジョン・クック。通算13アンダーの単独4位に、クリス・ストラウドが続いた。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?