GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子ノーザントラストオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ノーザントラストオープン
期間:02/17~02/20  場所: リビエラCC(カリフォルニア州)

A.バデリーが首位!カプルスは2位タイ、池田勇太は71位タイに後退

順位 選手名 通算 合計
1 A.バデリー -10 203
2 K.ナ -9 204
2 F.カプルス -9 204
4 V.シン -8 205
5 R.ムーア -6 207
5 J.センデン -6 207
7 H.フレイザー -5 208
7 J.ウォーカー -5 208
7 R.アレンビー -5 208
7 J.ローズ -5 208

スコア詳細を見る

2011年 ノーザントラストオープン 3日目 アーロン・バデリー
10番でティショットを放つA.バデリー。4年ぶりの米ツアータイトルに王手をかけた【拡大写真】

カリフォルニア州のリビエラCCで開催されている、米国PGAツアーの第7戦「ノーザントラストオープン」の3日目。前日の2日目が日没サスペンデッドになり、7時から第2ラウンドの残りが再開。その後、第3ラウンドが行われた。

米ツアー史上初の日本人選手3名が同組でラウンドしたが、今田竜二はスタート前に棄権し、池田勇太石川遼の2人は8番ティから、第2ラウンドの残りをプレー。池田は最終9番でボギーを叩くが通算2オーバー53位タイで決勝ラウンドへ進出。しかし、石川はこの2ホールをパーとし、通算7オーバーで予選落ちとなった。

第3ラウンドは午前中快晴で、午後から風向きも変わり冷たい雨が降ったり止んだりと不安定な天候に。9時58分に10番からスタートした池田は、スコアを3つ落して通算5オーバーの71位タイに後退してしまった。

上位は混戦模様となっている。通算8アンダー単独首位でスタートしたフレッド・カプルスは、スコアを1つしか伸ばせず、通算9アンダーでケビン・ナと並び2位タイ。単独首位に浮上したのは、通算10アンダーのアーロン・バデリー(オーストラリア)。5バーディ、1ボギーで2位に1打差で最終日を迎える。

通算8アンダー単独4位には、フィジーのビジェイ・シン。通算6アンダー5位タイにはライアン・ムーアジョン・センデン(オーストラリア)の2人が続いている。現在2位に後退しているが、カプルスが逆転優勝を果たした場合、PGAツアー史上3番目の年長優勝記録となる。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?