GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子ウェストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ウェストマネジメント フェニックスオープン
期間:02/03~02/06  場所: TPCスコッツデール(アリゾナ州)

約半数が2Rをスタートできず!今田は暫定24位タイに浮上

2011年 ウェストマネジメントフェニックスオープン 2日目 マーク・ウィルソン
温暖のハワイで今季1勝を挙げているM.ウィルソン。極寒のアリゾナでも好調なプレーを続けている(Christian Petersen/Getty Images)【拡大写真】

アリゾナ州TPCスコッツデールで開催されている、米国PGAツアー第5戦「ウェストマネジメントフェニックスオープン」の2日目。大会初日が寒さによるコースコンディション悪化のために進行が大幅に遅れ、日没サスペンデッドに。その影響は2日目でも解消されず、約半数の64名がスタートすらできていない。第二ラウンドをホールアウトできたのは、10番からスタートした2組だけという状況になっている。

通算11アンダーの暫定首位に立っているのは、マーク・ウィルソントミー・ゲイニーの2人。ウィルソンは第2ラウンドを10番からスタートし、後半の5番まで終了。ゲイニーは第2ラウンドの9ホールを終了している。

首位と2打差の通算9アンダー暫定3位は、オーストラリアのジェフ・オギルビー。通算8アンダー暫定4位タイにJ.B.ホームズジェイソン・ダフナーの2人が並んだ。第1ラウンドで3アンダーをマークした今田竜二は、第2ラウンドを15番まで終了し、スコアを2つ伸ばして通算5アンダーの暫定24位タイ。

初日に4アンダーでホールアウトし、その時点では暫定8位タイにつけていたフィル・ミケルソン。全選手がホールアウトした時点で18位タイまで順位を下げ、第2ラウンドは2日目のうちにスタートできず。現時点で4アンダーは暫定30位タイまで後退している。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?