GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ
期間:01/06~01/09  場所: プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

J.バードが首位タイに再浮上!バーディ合戦は最終日へ

順位 選手名 通算 合計
1 S.ストリッカー -18 201
1 J.バード -18 201
1 R.ガリガス -18 201
4 C.ペターソン -15 204
5 M.クーチャー -14 205
6 G.マクドウェル -12 207
6 B.ハース -12 207
8 J.デイ -11 208
8 B.ルンデ -11 208
8 I.ポールター -11 208

スコア詳細を見る

2011年 ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ 3日目 ジョナサン・バード
首位タイに再浮上したJ.バード。三つ巴の混戦状態で最終日を迎える(Sam Greenwood/Getty Images)【拡大写真】

ハワイ州マウイ島にあるプランテーションコースatカパルアで行われている、米国男子ツアー2011年の開幕戦「ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ」の3日目。初日から続くバーディ合戦はこの日も繰り広げられ、3日間で通算18アンダーまでスコアを伸ばしたスティーブ・ストリッカージョナサン・バードロバート・ガリガスの3人が首位で並んでいる。

先に通算18アンダーにスコアを伸ばしたのはストリッカー。最終組の2つ前でラウンドしたストリッカーは、前半こそ2ストローク伸ばすことしかできなかったが、11番から5連続バーディを奪い、最終18番パー5もバーディ。この日のベストスコア「65」をマークして8ストローク伸ばした。

バードは初日に7アンダーをマークして首位タイに立っていたが、2日目は5ストローク伸ばしたものの3位タイに後退。しかし、この3日目に6ストローク伸ばして首位の座に返り咲いた。そして、2日目に10ストローク伸ばして首位に浮上したガリガス。この日はダブルボギー、ボギーとスタート2ホールで3ストローク落して首位争いから脱落。しかし、その後立ち直ると、最終18番663ヤードパー5でイーグルを奪い、首位の座に食らいついた。

首位の3人とは3打差の通算15アンダー単独4位には、スウェーデンのカール・ペターソン。さらに1打差の通算14アンダー単独5位はマット・クーチャーが続いている。2日目に7アンダー「64」をマークして4位タイに浮上した南アフリカのアーニー・エルスは、スコアを1つ落す大誤算。通算9アンダーの13位タイまで後退してしまった。日ごとにビッグスコアを出す選手が現れる今大会は、最終日も誰が飛び出してくるか分からない展開となりそうだ。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?