GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ザ・ホンダクラシック
期間:02/23~02/26  場所: PGAナショナル(チャンピオン)(フロリダ州)

松山英樹が日本人最高の世界ランク4位に浮上 中嶋常幸に並ぶ

世界ランキングで自己最高の4位になった松山英樹

2月26日付の男子世界ランクが発表され、前週は出場がなかった松山英樹は0.1ポイント減の「8.493」としたが、5位から1ランクアップ。自己ベストを更新する4位となり、中嶋常幸が1987年に記録した日本人男子の最高位に並んだ。

前週まで、4位のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)との平均ポイント差は「0.0433」だった。ともに試合への出場はなかったが、喪失ポイントの差分により順位が逆転。2人の差はわずか「0.0071」と、コンマ3桁の争いとなっている。

日本勢のこれまでの世界ランク最高位は中嶋の4位(1987年)。次いで尾崎の5位(96年、97年)、青木功の8位(87年)だった。松山は、前年同時期から7ランクアップ。今年1月29日付けのランクから5位を維持していた。

1位ダスティン・ジョンソン、2位ジェイソン・デイ(オーストラリア)、3位ロリー・マキロイ(北アイルランド)のトップ3に変動はなし。松山とマキロイとの差は「0.4533」で、前週時点の松山とトップ3との差は「0.5344」だった。

前週の米国男子ツアー「ザ・ホンダクラシック」を制したリッキー・ファウラーは54ポイントを加算し、14位から9位に浮上。37位で4日間を終えた石川遼は、4ランクアップの111位としている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?