GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

6位の松山英樹、トップ5へさらに肉薄/男子世界ランク

松山英樹は世界トップ5へ着々と…(Stan Badz/Getty Images)

11日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表された。トップ10に変化はなかった。6位の松山英樹と5位のジョーダン・スピースの平均ポイント差は「0.7871」となり、前週からさらに縮まった。

すでに年内の最終戦を終えていた日米ツアーに加え、欧州ツアーも「UBS香港オープン」で今年の日程を終了。来年の4大メジャー初戦「マスターズ」には松山のほか、世界ランク34位の池田勇太が年末時点のランク50位以内の資格で出場を決めそうだ。

谷原秀人キム・キョンテ(韓国)と入れ替わりで57位から56位に順位を上げたが、50位には届かなかった。日本勢4番手は、石川遼の95位となっている。

「UBS香港オープン」を制したサム・ブラゼル(オーストラリア)は480位から、147位にジャンプアップした。タイガー・ウッズは650位で前週と変わらなかった。


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?