GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹が新たな3W&5Wを実戦投入

2015/08/07 10:18

ついに…?実戦でフェアウェイウッドを変更 ついに…?実戦でフェアウェイウッドを変更した松山英樹

松山英樹が6日(木)に開幕した「WGCブリヂストンインビテーショナル」でクラブセッティングに変更を加えた。

3Wは7月の「全英オープン」でも愛用していた「ピン G25 フェアウェイウッド」から、「テーラーメイド エアロバーナー フェアウェイウッド」にチェンジ。今年に入ってから何度もテストを繰り返してきたが、半年以上の時間をかけてようやくGOサイン。初めての実戦投入となった。

そしてもう1本は松山がアマチュア時代から愛用していた“伝家の宝刀”に代わるもの。1W、3Wの次に飛距離の出るクラブだった、5W相当の「ブリヂストン ツアーステージ X-UT(2013年)(2番/ロフト19度)」について「寿命です、寿命…」とし、ニューモデルを模索することに決めた。

「アイアンや3Wを替えたりしていたら、クラブの長さ(シャフトのレングス)も変えなきゃいけなくなってきた」と松山。ここ数年でアイアンのシャフト長を伸ばしたり、3Wも新しいものを探していたりしたため、バランスを整える意味もある。

候補に挙がるのは、大会初日にバッグに入った「キャロウェイゴルフ XR フェアウェイウッド(5W)」。この日は17番のティショットで使用して、フェアウェイを捕らえた。オプションとして、これまで全英オープンなどで使用してきたアイアン型UT「ダンロップ スリクソン Z U45 ユーティリティ(2番=ロフト19度)」も、ほぼ同等の飛距離を出せるクラブとして残っているが、その他の5W、ウッド型UTもテストを続けている。(オハイオ州アクロン/桂川洋一)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?