GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

「風を切る感じ」西山ゆかり絶賛の1Wは前週男子で優勝

2015/05/30 19:56

西山ゆかりが今週から使う1Wは前週男子ツ 西山ゆかりが今週から使う1Wは前週男子ツアーの優勝ギアとなったBS製J815

山梨県上野原市にあるメイプルポイントGCで行われた国内女子ツアー「リゾートトラストレディス」の2日目に8バーディ、1ボギーの「65」をマークして33位から3位へとジャンプアップを果たした西山ゆかり。好調の要因は、今週から使っている1Wだと振り返った。

グリーンのアンジュレーションが激しいメイプルポイントGCでは、グリーンを狙うショットの精度が求められる。そのためには、フェアウェイキープが助けとなる。「ティショットが安定している」。西山が手応えを口にするのは、先週の「関西オープン」で片岡大育が使って優勝したのと同じ、ブリヂストンJ815 ドライバー だ。

前週の「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の会場でテストをして、今週から使うことにしたというモデルには、グラファイトデザイン社製のツアーAD DJシャフトが挿さっている。以前からJ815の1Wは渡されていたという西山だが、シャフトを6SRから5Sに変更したことで「スピン量が減ったし、思い切り振っても左に行かない安心感がある」という。

「それに…振ると、ソールの部分が風を切る感じがするんです」と、同製品のパワーリブと呼ばれるスリットも好印象なのだという。

アマチュア時代にミックスダブルスの試合で優勝した経験もあるという験のいいコース。「優勝は意識せずに、1打でも少なく上がるという気持ちでプレーしたい」と、ツアー初優勝は背伸びせずに追いかける。(山梨県上野原市/今岡涼太)


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。