GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

アジアンツアーの最新ゴルフニュースをお届け

テイクソリューションズ・マスターズ
期間:08/03~08/07  場所: KGAゴルフコース(インド・バンガロール)

旅人ゴルファー・川村昌弘の「いま僕はココにいます」Vol.16

2017/08/03 12:20

今週はインドでのアジアンツアーに出場します!コース管理の皆さんと!

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・24歳。2012年のプロデビューから5年間で巡った国の数は20以上。活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。世界を旅することこそが、幼い頃からの夢だった。傍らにはキャディバッグと小さなスーツケース。ゴルフで旅する渡り鳥の経路を追っていこう。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

プロゴルファーの川村昌弘です。
いま僕は、バンガロールにいます。

バンガロールはここです。 バンガロールはここです。

今週はインド南部で行われるアジアンツアー「テイクソリューションズ・マスターズ」に出場します。これまでニューデリーは何度か訪れましたが、バンガロールは初めて。IT産業が発達しているインドのシリコンバレーといわれる工業都市で、大きくて様々な人や店が混在するニューデリーよりも、街全体にきれいな印象を持ちました。ショッピングモールに並ぶのはナイキ、アディダス、リーバイス…といった具合。配車サービスのUVER(ウーバー)も利用できて、快適に過ごせます。日本食料理店には、お寿司の食品サンプルもありましたよ。

左は第1次世界大戦中後に建てられたモニュメント。日本食料理店には食品サンプルがありました

バンガロールは、ゴルファーでいうと、現在のインドNo.1プレーヤー、アニルバン・ラヒリ選手の故郷。彼の弟分であるセナッパ・チッカランガッパ選手(下の写真です。長い名前なので、チッカと呼んでます)とは、アマチュア時代から知り合いの同い年の仲間です。

地元インドのチッカランガッパ選手と。左下はコースで目土をする女性スタッフです

さて、今回は“奇跡”に恵まれました。コースでの練習中、実は財布をなくしてしまったんです…。練習ラウンドで4ホールほど回ったときのこと。茶店に寄ろうとキャディバッグを探ったところ…財布がない! 現金だけでなくクレジットカードもその中に! 顔面蒼白で、直前に打ち込んでいたドライビングレンジ脇の売店に行くと…そこにいた女の子が「ガードマンに渡した」というではありませんか!

事なきを得て、本当にホッとしました。日本以外の国で、落とした財布が出てくる可能性はほぼゼロに近いですから…。幸運がぜひとも、試合にもつながってくれたらと思います!

バンガロールでのランチ。バターチキンライスは美味でした

<今週のランチ>
インド到着後に早速食べたのはバターチキンライス。ニューデリーではたびたびお腹を壊してきましたが、今回はおいしくいただきました。625ルピー(約1087円)。ちなみにスターバックスで飲んだ氷入りのアールグレイティも問題なく、体調も万全です。

ただ今地球二周 旅人ゴルファー

KAWAMURA COUNTER

  • これまでの移動距離
    00
  • 行った国
    00
  • バーディー数
    00

Profile

川村昌弘
川村昌弘(24)Masahiro Kawamura
1993年6月25日・三重県生まれ。5歳の時に父と一緒にゴルフを始め、小学生時代には全国大会の常連選手に。ジョーダン・スピースやジャスティン・トーマスらと出場したフランスでのジュニア大会をきっかけに将来の海外転戦を夢見る。高校卒業後にプロ転向し、2013年に20歳で出場した日本&アジアン共同主管大会「アジアパシフィックパナソニックオープン」でツアー初優勝を飾り、海外進出の足がかりを得た。
川村昌弘選手の略歴・戦績はプロフィールページで

特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?