GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

バレロテキサスオープン
期間:04/20~04/23  場所: TPCサンアントニオ(AT&Tオークス)(テキサス州)

1Wショットは15回!? 石川遼「超攻撃的」宣言

2017/04/21 11:21:34

自らの打球を見つめる石川。攻め抜く覚悟はできている

◇米国男子◇バレロテキサスオープン 初日(20日)◇TPCサンアントニオ-AT&Tオークス(テキサス州)◇7435yd(パー72)

石川遼は5バーディ、4ボギーの「71」でプレーし、1アンダー55位で発進した。ショートホールを除く14ホールに加え“直ドラ”も実践。計15発を1Wで放ち、開幕前の宣言通り、1Wを振り切る攻撃的なゴルフを展開した。

ホールアウト後、「正確性を欠いたけど、自分のゴルフを貫けた」と話した。

午後1時半にインから出て2ボギーを重ねたが、序盤の悪い流れを断ち切ったのは攻めの姿勢だった。14番(パー5/567yd)では、ティショットを左に曲げた。残り319ydのラフ。ボールがある程度浮いているのを確認すると、迷わず1Wを手にした。目の前を遮る木の右を通してピンまで53ydの花道に運び、これを寄せて初めてのバーディを奪った。

ただ、1Wは安定感を欠き、フェアウェイキープ率は28.57%。左右に曲がり、ギャラリーロープの外まで飛ぶこともあった。「(1Wは)良くなかった。大会を通して良くしていければ」と語った。

一方、「アプローチが良かった」と、この日は幾度となくショートゲームに助けられた。342ydと短いパー4の後半5番では、ティショットを大きく曲げて左ラフとしたが、残り39ydから2.5mに寄せてバーディを獲った。

「少しでもティショットを前に飛ばして、ピンに近い位置から第2打を打ちたい。それが自分のゴルフ」とした上で、「バーディパットの距離は普段より短かったかなと思う。アイアン、ドライバーのショットが良くなくても5バーディを獲れたのは、最近にはなかった」と強調した。

第2ラウンドでスコアを落としての予選落ちが続くが、「それはもう過去の自分だと思う」と言った。「今は超攻撃的にいくしかない」。迷うことなく、攻め続ける。(テキサス州サンアントニオ/林洋平)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?


アクセス急上昇!ランキング

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助けするゴルフレッスンスクール
練習場おトクーポン
知って得する、練習場おトクーポン!!
HOT LIST JAPAN 2015
今年の熱いギアは?HOT LIST JAPAN 2017
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入可能 !!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
いつでも・誰でも・誰とでも参加できる!
ゴルフで楽しく社会貢献!みんなで菜園をつくろう
格安スマホをさらに割引!【GDOスマホ誕生】
注目ワード一覧
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス