GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

マスターズへのラストチャンス 谷原秀人「最後だし気持ちよく」

谷原秀人(右)はマッチプレー会場で松山英樹と談笑

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 事前情報(20日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

年明けから米ハワイ、シンガポール、ミャンマー、オーストラリアにメキシコと、世界を飛び回った谷原秀人が、テキサスで“最後の戦い”に挑む。4月の「マスターズ」出場権獲得となる3月27日付の世界ランキング50位入りを目指して奔走。現在60位で臨む今大会の結果がオーガスタへの道を決める。

2週前の「メキシコ選手権」を終えて、谷原は日本に一時帰国した。「もうずっと時差ボケ」と、前週は風邪で思うように調整できなかったが、18日(土)に米国入り。19日(日)から精力的に当地で練習ラウンドを行っている。

アップダウンが多く、引き締まったグリーンに手を焼く難コース。「長いホールで結構アゲンストの風も吹く。グリーンも硬いので、ロングアイアンや5Wでもピンポイントに狙っていかないと。外しどころを探しながらやっていかないとすぐにボギーが出る」と、まずはショットの精度が大いに試される。

「どのグループに入ってもみんながうまいことは間違いない」。1組4人の総当たり戦となる予選ラウンドは抽選の結果、ジョーダン・スピースライアン・ムーアという米国の強豪に加え、昨季日本ツアーで賞金王の座を争った池田勇太と同じ組になった。

50位入りのためには、準々決勝進出が最低限必要な成績というのが本人の見立て。「今回はマッチプレー。最低でもベスト8という目標がある。逆にやりやすい。最後だし気持ちよくやりたい」という。疲労が蓄積された体にムチを打ちながら「(高地の)メキシコで心肺機能は高めてきた!」と心は澄んだ様子だった。(テキサス州オースティン/桂川洋一)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?