GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ジェネシスオープン
期間:02/16~02/19  場所: リビエラCC(カリフォルニア州)

世界ランク1位奪取なるか 松山英樹はデイと“直接対決”

今週の世界ランキング5位。公式会見の壇上でマイクをいじる松山英樹

◇米国男子◇ジェネシスオープン 事前情報(14日)◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322yd(パー71)

「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」で米ツアー今季2勝目を飾った松山英樹は1週間のオフを経て、16日(木)開幕の「ジェネシスオープン」に出場する。優勝すれば、初の世界ランキング1位到達のチャンスがある大会だ。

最新世界ランキングでトップ10のうち8人が出場する今週、現在世界ランク5位の松山は、同2位のダスティン・ジョンソンとともに、ジェイソン・デイ(オーストラリア)からその座を奪う可能性を持っている。優勝が最低条件で、なおかつデイの成績次第となるが、快挙は手の届くところにある。

松山もその事実を承知済み。開幕2日前に出席した公式会見では「知っていますけど、ジェイソンのことは左右できない。僕自身がしっかりいいプレーをした結果がそうなればうれしいです」と話し、「(ランク1位となれば)目標であった一つをクリアできる。それは今週でなくても、いつかそうなれば」と穏やかにも意欲を口にした。

米ツアー公式サイトのパワーランキング(優勝予想番付)はジョンソンに次ぐ2位の評価。フェデックスカップポイントレースでトップを走り、初めて出場した2014年大会から当地での直近3大会は23位、4位、11位という成績を加味すれば、不思議はない。

予選ラウンドはポイントレースで僅差の2位につけるジャスティン・トーマス、そしてデイとの3サム。最注目グループのひとつでプレーする。

デイこそが、松山の力を大いに認めるひとりでもある。この日の会見でも「この半年間位のヒデキのプレーぶりはすさまじいものがある。彼はまだ(世間で)しっかり認められていない選手のひとりだ」と絶賛。「正直言って、彼は他の誰よりもすばらしい。いま、世界一ホットな選手であることは、結果が証明している。彼は偉大で(ツアーを)支配するほどの強さを持つ選手になるといつも思う」。親交のある“兄貴分”の賛辞の言葉。それに恥じないプレーを人々の目に焼き付ける。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/桂川洋一)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?