GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ザ・RSMクラシック
期間:11/19~11/22  場所: シーアイランドリゾート(シーサイド)(ジョージア州)

米ツアーは短いオフへ 岩田寛の次戦は「ゴルフ日本シリーズJTカップ」

2015/11/23 11:00

最終日もイーブンと伸ばせず、44位タイで 最終日もイーブンと伸ばせず、44位タイで年内最終戦を締めた岩田寛

米国男子ツアー「ザ・RSMクラシック」最終日。34位からスタートした岩田寛は1バーディ、1ボギー「70」(パー70)と伸び悩み、通算6アンダーのまま44位タイに順位を下げて4日間を終えた。

5位で決勝ラウンドへ折り返しながら、週末の2日間は2オーバーと失速。最終日も1つのバーディにとどまり、「アイアンが悪くてストレスが溜まりました」とフラストレーションを言葉にこめた。

ツアーは来週から短いオフに入り、今年10月に開幕した2015-16年シーズンも一区切り。ツアー外「ヒーローワールドチャレンジ」(12月3日~/バハマ)を挟み、公式競技は来年1月「ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ」(1月7日~)からの再開となる。

岩田は、米ツアー1年目のシーズン5試合を終えて3回の予選通過。最高位は今週の44位で、通算30フェデックスポイントは全体151番目の位置にいる。決して上々とは言えない滑り出しに、「手ごたえ?ないです」と、やはり歯切れは悪い。

「僕が感じたのは、(日本と)コースが全く違うこと。上手くは言えないけれど、まずはそこに慣れるというか・・・」。加えて、毎週のように初めてのコースが続く難しさも、まだ経験が乏しいルーキーイヤーならではの関門と言えるだろう。

この後は一時帰国し、国内ツアー年内ラストを飾るメジャー戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」(12月3日~)に出場。約2カ月ぶりの国内競技に身を投じる。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?