GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

フライズドットコムオープン
期間:10/15~10/18  場所: シルバラードCC(ノースコース)(カリフォルニア州)

岩田寛 ツアーメンバー初ラウンドは日没順延「これが米国」

2アンダーの暫定48位につけ、ルーキー岩田寛の初日は日没サンペンデッドに

2015-16年の米国男子ツアー開幕戦「フライズドットコムオープン」が15日(木)、カリフォルニア州のシルバラードCCでティオフ。先月の入れ替え戦を経由して出場権をつかんだ岩田寛は後半17番を終えて5バーディ、3ボギーの2アンダーとして、18番プレー中に日没サスペンデッドとなり、翌日にプレーを持ち越した。

「これがアメリカだな…」。暗闇に包まれた午後7時過ぎ。3打目を最終ホールのグリーンに乗せ、4mのバーディチャンスを作った直後、岩田は同伴選手につられてこの日のプレーを終えた。「僕は最後までやりたかったんですけどね…。(残ったラインが)下りでもあったんで」。米ツアーメンバーとなって迎えた最初のラウンド。アウトスタートの最終組、予定通り午後2時にティオフしたが、前の組の進行が遅れ、天候などによる中断がなかったにもかかわらず順延を余儀なくされた。

プレー自体は、岩田自身が及第点をつけられるものだった。出だしの1番でフェアウェイからのSWでのショットが大きく左に出てグリーンの奥にこぼれ、3オン2パットのボギー。「(米国で)いつもと違うものがあったかもしれないですね。すごい左に飛んで行った。フワフワしたまま行ってしまいましたね」。続く2番ではティショットを右サイドのバンカーに入れて連続ボギー発進となり「“終わった”と思ってふれくされた」という。

挽回は中盤から。午前中に石川遼の組についてロープの外でコースチェックをしていた新岡隆三郎キャディから「(石川と同組だった)ドンファンは2オーバーから6アンダーにした」と声をかけられた。

18番グリーンに向かうころには夕闇が迫った

岩田は「それを聞いたからといって何も変わることないんですけど…」とサラリと受け流したが、4mを沈めた8番から2連続バーディを決め、威勢を取り戻した。12番をボギーとした後、3つバーディを重ねた。16番(パー5)ではグリーン右の左足下がりのラフから3打目で見事なアプローチでピンそば1mにつけ、拍手を浴びた。

「日本の時も『一打ずつ』とやってきた。アメリカに来たらもっとやらなきゃいけない。それが、きょうはできたかなと思う」。あすは午前8時45分に再開。「あしたは自分のパッティングをして、2日目(第2ラウンド)に備えたい」とうなずいた。(カリフォルニア州ナパ/桂川洋一)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?