GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ツアー選手権byコカ・コーラ
期間:09/24~09/27  場所: イーストレイクGC(ジョージア州)

終盤の連続バーディでアンダーパー 松山「納得はしていない」

2015/09/25 09:13

16番の2打目はあと一歩でイーグル。一緒 16番の2打目はあと一歩でイーグル。一緒に回るオリバー・シュナイダージャンズに声を掛けられ笑顔を見せる松山英樹。

ジョージア州にあるイーストレイクGCで開幕した米国男子ツアーのプレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権byコカ・コーラ」の初日、松山英樹は5バーディ、4ボギーの「69」(パー70)。終盤の2連続バーディで1アンダーに踏みとどまり、首位と6打差の11位タイで初日を終えた。

「内容に納得はしていない」と松山の言葉は険しい。硬いグリーンを攻略するために、確実にフェアウェイキープをしたいところだったが、この日のフェアウェイキープ率は50%にとどまった。5番では右サイドのラフを渡り歩き、最後は2mを沈めてかろうじてボギーとした。楽な戦いでなかったことは、スコアカードにも表れていた。

3番、8番、12番でバーディを奪う一方で、5番、10番、13番、14番でボギーが出て、スコアはイーブンパーを行き来した。「(ショットは)良くなったり、悪くなったりを繰り返している。(パッティングストロークも)悪いところもあったけど、良いところもあった。バラバラですね」と自虐的に苦笑した。

それでも、残り4ホールとなった15番(パー5)で、2打目でグリーン左のラフまで運ぶと、続くバンカー越えのアプローチを1.2mにつけてバーディ奪取。直後の16番では、残り164ydの第2打を9Iで振り抜くと、ピン手前にキャリーした球は、ポンポンと跳ねてカップ手前20cmにぴたりとつくスーパーショット。イーグルこそ逃したが、タップインバーディとした。

この2つのバーディで1アンダーとし、「大きかった」と息を吐いた。「(調子の)悪い日が来ても、しっかりスコアが作れるようにやっていきたい」という言葉通りのプレーで、内容は悪くとも、初日のスコアとしては及第点。

松山は小さくうなずき「明日は、しっかりとキレないようにやっていきたい」と締めくくった。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?