GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ザ・バークレイズ
期間:08/27~08/30  場所: プレインフィールドCC(ニュージャージー州)

【速報】松山英樹6アンダーで終了 石川遼は初戦敗退へ

松山英樹は通算6アンダーで大会を終えた

ニュージャージー州のプレインフィールドCCで開かれた米国男子プレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」最終日、14位から出た松山英樹は4バーディ、3ボギーの「69」(パー70)でプレーし、通算6アンダーとしてホールアウトした。

出入りの激しかった前半でスコアをひとつ落とした。折り返し後、2オンに成功した12番(パー5)でバーディを奪うと、15番でも残り92ydからの2打目を1.5mに寄せてバーディとした。

ホールアウト時点での順位は12位。13番を終えて通算16アンダーまで伸ばしたジェイソン・デイ(オーストラリア)が首位に立っている。

松山はテレビインタビューで「まだ自信を持って打てない感じがある。しっかり修正すれば優勝のチャンスも出てくると思う」と語った。

石川遼は1バーディ、2ボギー2ダブルボギーの「75」と崩れ、通算5オーバーで大会を終えた。このまま全員がホールアウトすれば66位。大会前に124位だったフェデックスランキングはプレーオフ第2戦進出に必要な100位以内までは上昇せず、初戦での敗退が確実になった。

12番(パー5)までに2つスコアを落とすと、ティショットを池に入れた14番(パー3)でダブルボギー。2mにつけた15番でこの日唯一のバーディとしたが、16番(パー5)でもダブルボギーを喫した。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?