GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ザ・バークレイズ
期間:08/27~08/30  場所: プレインフィールドCC(ニュージャージー州)

滑り込みのプレーオフ 石川遼「プレーするだけでは意味がない」

2015/08/27 09:35

大会前日は練習のみの軽めの調整。“持って 大会前日は練習のみの軽めの調整。“持っている男”は今週も見せてくれるか?

全43試合が行われた米国男子ツアーの2014-15年レギュラーシーズンを終え、石川遼のフェデックスカップランクは124位。1ポイント未満の僅差でプレーオフシリーズ進出を決め、「ザ・バークレイズ」に2年連続2度目の出場を果たした。

「不思議な感じですね」と石川は言う。開幕を翌日に控えた水曜日、プロアマ戦に出場しなかった石川は会場となるプレインフィールドCC(ニュージャージー州)で午後から軽めの調整を行った。「直前まで(プレーオフ出場)圏外にいて、次の飛行機もどこに行けばいいのか分からなかった。結果が出てからチケットを取ったくらいだし…」。ある意味、ドタバタでの現地入り。だが逆に、ゴルフの手応えには確実さが生まれつつある。

「去年は75位でこの試合に来たけど、その付近の数カ月の調子は良くなかった。序盤に良いプレーをして尻すぼみという感じ。内容的には今の方がいい。背伸びせず、縮こまりもせずにプレーしたい」。

レギュラーシーズン最終戦を「ここに到達できるかどうかという戦いに意味があった」と振り返った一方で「正直、ここでプレーしたというだけでは意味がない」と、プレーオフ初戦に向けた緊張感も保っている。「良いプレーをしないと意味がない。現時点では何もない」。ギリギリのランキングからどこまで上がっていけるのか?それが勝負だ。

2011年以来、4年ぶりに「ザ・バークレイズ」が戻ってきたプレインフィールドCC。石川は「ラフが深くて、グリーンが小さい。傾斜もきついので、グリーンがより小さく感じられる。全米オープンに近い難しさ」と警戒感を強めている。それでも、11年はフェデックスカップランキング101位以下の選手が過去最多の8人、次戦に進出した(100位以内に入った)という年でもあった。

「このコースだからだと思います」と石川は言う。「下克上っすか」とつぶやいて“持っている男”は帰りの車へと乗り込んだ。(ニュージャージー州エジソン/今岡涼太)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?