GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

WGC キャデラックマッチプレー
期間:04/29~05/03  場所: TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)

松山「言葉が出ない」完敗 マキロイが6バーディ圧巻の凄み

世界ランク1位のマキロイに完敗した松山英 世界ランク1位のマキロイに完敗した松山英樹。胸中に迫るのは、悔しさか不甲斐なさか

勝負が決した13番グリーン。ロリー・マキロイ(北アイルランド)と握手を交わすと、松山英樹は記者とTVカメラの前を素通りして、何も言わずに足早に送迎車へと乗り込んだ。「WGCキャデラックマッチプレー選手権」4日目、決勝トーナメント1回戦でぶつかった世界ランク1位のマキロイに、松山は6&5(5ホールを残して6アップ)で完敗した。

勝負にタラレバはないが、前日までの松山のプレーならば、もっと善戦できたはずだ。この日、パー3を除く前半7ホールでフェアウェイをとらえたのは1番ホールのただ1度だけ。リカバリーショットも精彩を欠き、8番までに4バーディを奪ったマキロイに対し、松山は1バーディ2ボギーで、あっという間に5ダウンと差をつけられた。

逆転に向け、一筋の光明が差したのは9番(パー3)だった。グリーンに向けて打ち上げとなるホールで、ピンはバンカーのすぐ先に切られていた。オナーのマキロイが左2mにつけて喝采を浴びると、続く松山の球はまっすぐにピンに向かってカップの横10cmにぴたり。どよめきの醒めぬ中、マキロイがこのバーディパットを外して、松山がこの日初めて奪ったホールとなった。

畳み掛けるチャンスだった。続く10番では、マキロイはフェアウェイからグリーン左のバンカーに打ち込んでしまう。だが、それを見た松山は、右ラフからグリーン右に外して、アプローチも大きくショート。余裕を得たマキロイは、バンカーから直接カップに沈めると、右手を高々と突き上げるパフォーマンス。即座に5アップへと戻し、そのままあっさりと逃げ切った。

負けた悔しさか、自分のプレーが出来なかった不甲斐なさか、駐車場に戻って来た松山は「言葉が出ない」と落胆を隠せなかった。「悪いティショットでも、良いラインに行けばチャンスはあったけど、そこからのセカンドも良くなかった。スコア的には大崩れしていないけど、これがワールドランク1位との差」。

その差こそ、マキロイに宿る凄みだ。幾度かティショットを曲げる場面も見られたが、2番では8.5mのバーディパットを沈め、606ydの5番(パー5)は残り288ydを見事に2オン。1対1のマッチプレー、しかも負ければ後がない一発勝負で、13ホール中6ホールでバーディを重ね、その実力をいかんなく発揮した。

10番でバンカーショットを直接沈めたロリ 10番でバンカーショットを直接沈めたロリー・マキロイ

マキロイのプレーについて問われた松山は「まあ、すごいですね」。どの辺りにすごさを感じたかと重ねて聞かれると「んー、もういいじゃないですか」。相手を称え、素直に負けを認めるのは、まだ得意じゃない。

今週、松山にとって収穫があったのはパッティングだ。「唯一、良い方向に向かっている」と手応えは残っている。このリベンジは、次の優勝争いで果たせばいい。「そうなると、いいんですけど。調子が悪くてもまとめられるように、しっかりと力をつけたい」。次週、松山はフロリダで開催される「ザ・プレーヤーズ選手権」に出場する。(カリフォルニア州サンフランシスコ/今岡涼太)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?