GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

チューリッヒクラシック
期間:04/23~04/26  場所: TPCルイジアナ(ルイジアナ州)

石川遼 首位と4打差で27ホール決戦へ

石川遼が首位と4打差で最終日の27ホール決戦へ

ルイジアナ州ニューオーリンズのTPCルイジアナで行われている米国男子ツアー「チューリッヒクラシック」の3日目。この日も雷雲接近の影響で中断を挟み、石川遼は第3ラウンドの9ホールを終えたところで日没サスペンデッド。2バーディを奪って通算9アンダーとし、首位と4打差の暫定16位につけている。

11時40分に第3ラウンドをスタートした石川は、1番、2番と2mのチャンスにつけたが、バーディパットはカップの底を叩かなかった。その直後に、雷雲接近を告げるホーンがなり競技は中断。

再開後は6番で4.5mを沈めると、続く7番(パー5)でも3mをねじ込んで連続バーディとして通算9アンダーへ。それでも、日没までに消化した9ホールはすべてパーオンに成功し、4番以外は全ホールで5、6m以内のバーディチャンスにつけていたことを考えると、2バーディだけで終わったこの日の心境は複雑だ。

「昨日までの方がパットのフィーリングが良かったので、途中で終わって良かった。明日の朝までに修正すればいい」。

6時間近い中断中は、腰を気遣いながらストレッチを繰り返すなど「いつでもできる準備はしていた」という石川。ショットは切れ味を取り戻しつつあり、「ボギーを叩く感じがあまりない」と手応えは良好だ。

現時点で首位に立つのは通算13アンダーのエリック・コンプトン(6ホール消化)とジェイソン・デイ(3ホール消化)の2人。4打差を追いかけて、明日27ホールの決戦に挑む。

日没迫る最終ホール、バーディパットを惜しくも外した石川遼

「遠いと思うけど、明日の第3ラウンド9ホールで、3つ、4つ伸ばすチャンスはあると思うし、それができればまだワンチャンスあると思う」。

余談だが、石川が2007年「マンシングウェアオープンKSBカップ」で日本ツアー初優勝を飾ったときは、最終日に36ホールを消化した。また、今週の大会は過去10年で7人のツアー初優勝者を出していることにも触れておこう。(ルイジアナ州ニューオーリンズ/今岡涼太)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?