GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

マスターズ
期間:04/09~04/12  場所: オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

マキロイの上昇気流を阻んだ16番の落とし穴

終盤までは完璧なプレーを披露したR.マキ 終盤までは完璧なプレーを披露したR.マキロイ。ラスト3ホールが悔やまれた(David Cannon/Getty Images)

米国男子ツアーのメジャー初戦「マスターズ」3日目、ロリー・マキロイ(北アイルランド)は首位と12打差の19位タイからスタートを切った。前半アウトは1イーグル、2バーディの4アンダー「32」と伸ばして浮上に成功。後半はさらに2つのパー5でバーディを奪い、一時は首位と7打差に迫ったが、16番(パー3)、18番でボギーを喫した。ムービングデーは4つスコアを伸ばす「68」で通算6アンダー。19位から5位タイまで順位を上げたが、あと18ホールを残して、トーナメントリーダーのジョーダン・スピースとは10打と大差がついている。

「明日は61か62というスコアを出さないとチャンスはないだろう。出来るかどうか分からないが挑戦したい。グランドスラムを達成しようと思いながら特にプレーはしていない。もちろん、他の試合と同じように優勝を目標に考えてプレーはしているけれどね」

<ラウンドリプレー>

「前半は狙い通りのプレーができた」。スタートホールでは豪快な335ydのスーパードライブを放ち、第3ラウンドを開始したマキロイは前半でチャージをみせた。

1番を2パットのパーとしたあと、2番(パー5)ではフェアウェイ左サイド、215yd地点から見事なフックボールでグリーンを捕らえた。上り12mのイーグルパットを沈めて一気に通算4アンダーに。4番(パー3)ではグリーン右手前の深いバンカーに捕まるピンチを迎えるが、4mの難しいパーパットを沈めてパーセーブ。8番(パー5)では2オン2パット、9番では3mのフックラインを入れ、前半だけで4つスコアを伸ばした。

後半に入ると13番、15番の2つのパー5でバーディを奪取。前日イーグルを奪った13番では再び2オンに成功し、16mのイーグルパットはカップの右を逸れたが、バーディで7アンダー。15番ではグリーン手前からの3打目を寄せてバーディ。この時点で通算8アンダーとしたマキロイは、リーダーボードの4番目に名前を上げることに成功。した しかし、ここから流れは変わってしまう。16番ではしっかりボールの芯を捕らえることができず、グリーン右手前にミスショット。2打目は3mオーバーしてしまい寄らず入らずのボギーとする。

フィニッシングホールでは、ティショットを左のバンカーに入れてしまうトラブル。2打目はグリーンまで届かず、グリーン手前から奥の段に切ってあるピンまで高い球での寄せを試みたが、カップ付近の傾斜の影響で2.5mのパーパットを残す。パーパットはカップ左からクルッと周り、ボギーフィニッシュで「32 - 36」 の「68」。前日31ストロークに抑えた後半のチャージは不発に終わり 、スピースとの差は結果的に2打しか縮められなかった。

<解説者アンディー和田の視点>

15番を終えてこの日だけで6つスコアを伸ばし、順調にプレーをしていたマキロイだったが、16番のパー3で罠にはまってしまった。

前日はピンが右奥で159ydの設定。3日目はティグラウンドが大きく前方に出て130ydの設定に変わり、ピンは右手前のバンカーを越えた上段の狭いスペースに切ってあった。マキロイの球はしっかりとフェースに乗らず右手前にショート。オーガスタナショナルにおいて風が変わることで有名なのは12番のパー3だが、この日は16番も同様だった。マキロイが打ったときは左からの向かい風だったが、4組後ろの松山が打ったときは追い風。15番でバーディを奪い、イケイケモードに入っていたのだろうが、やはりセオリーとしてはピンのやや左が狙い目だったであろう。ここでのボギーで一気に流れは変わってしまった。

スピースとの差は10打。しかしマキロイの上には4人しか選手がいない。スピースが最終日に大きく崩すことがあれば、逆転が不可能だとは言い切れない。しかもマキロイは明日、幼少時代から憧れるタイガー・ウッズとプレーをする、絶好のペアリングに恵まれた。

「Something Magical Happens at Augusta」・・・英語で、「オーガスタでは何か不思議な出来事が起きる」という表現が使われることがある。ウッズとマキロイ。今週はナイキのコマーシャルで2人の競演シーンが何度も流れているが、明日の2人が何かすごい化学反応を起こしてくれることに期待したい。

【マキロイの第3ラウンドデータ】

・イーグル: 1、バーディ:4、パー:11、ボギー:2
・パー3:1オーバー、パー4:イーブンパー、パー5:5アンダー

・フェアウェイキープ:14ホール中 10ホール
・パーオン:18ホール中14ホール
・合計パット数 31パット(1パット5回: 、3パット なし)
・バンカー成功率: 100%(4番で1パットセーブ)
・ドライビングディスタンス 平均299ヤード
(5番 275ヤード/15番 323ヤード)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?