GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

マスターズ
期間:04/09~04/12  場所: オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

【速報】松山英樹は1アンダー 上位でホールアウト

終盤に崩れたが、初日を1アンダーで終えた松山英樹(Jamie Squire/Getty Images)

米国男子ツアーの今季メジャー初戦「マスターズ」が9日(木)、ジョージア州のオーガスタナショナルで開幕。2年連続4回目の出場となる松山英樹は、全33組中の14組目、午前10時19分に1番ティからスタート。4バーディ、3ボギー「71」でプレーし、1アンダーは終了時点で17位タイ、首位と4打差につける上々の位置で初日を終えた。

松山は前半4番(パー3)、グリーン左にこぼした2打目をパターで沈めてバーディ先行。直後の4番では3パットボギーを叩くが、続く6番(パー3)で4mを決めて再びアンダーパーへ。1.5mにつけた9番で3つ目、さらに“アーメンコーナー”のラストを飾る13番(パー5)で4つ目のバーディを奪い、一時は3アンダーまでスコアを伸ばした。

しかし、17番(パー3)を再びの3パットボギーとすると、最終18番ではバンカーを渡り歩いて連続ボギーフィニッシュ。終盤に崩れる後味の悪さも残したが、昨年は「80」を叩いた初日をアンダーパーで乗り切った。

現時点で首位を走るのは、5アンダーでホールアウトしたチャーリー・ホフマンジャスティン・ローズ(イングランド)の2人。4大メジャー制覇(キャリアグランドスラム)達成がかかるロリー・マキロイ(北アイルランド)は2ホールを残して1アンダー。2年ぶりの参戦となるタイガー・ウッズは、6ホールを消化して1オーバーとしている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?