GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

バルスパー選手権
期間:03/12~03/15  場所: イニスブルックリゾート(フロリダ州)

逃げては何も生まれない 石川遼がハートを再確認した1打

2015/03/13 09:54

16番ティショットの弾道を不安げな表情で 16番ティショットの弾道を不安げな表情で見送る石川遼。この1打について多くを言及した

米国男子ツアー「バルスパー選手権」が12日(木)、フロリダ州のイニスブルックリゾートで開幕した。フェアウェイは狭く、深いラフと池がプレッシャーを与える難コース。7年連続で挑む石川遼は、3バーディ3ボギーの「71」(パー71)でホールアウトし、首位と6打差のイーブンパー59位タイで初日を終えた。

石川にとっては2009年に米ツアー初の予選通過を果たした舞台だが、一昨年までは4年連続で予選落ちも重ねており、実績上は好相性と言えないコース。初日は、ショットが散り気味だった前半アウトで2つ落としたが、バックナイン10番、11番の連続バーディで巻き返し、ツアーでも屈指の上がり3ホール“スネークピット”をすべてパーで切り抜けた。

上位発進にこそならなかったが、「バックナインを2アンダーで回れたのは、自分の今後にとっても自信になるプレーだった」と胸を張る1日だ。スコア以上に石川の心に響いた1打があった。

“スネークピット”の入り口にあたり、内側に池が沿う右ドックレッグの16番(475yd)のティショットだ。例年、今大会の最難関ホールとなっており、高い集中力を求められる1打。「僕的にはチャレンジだった」という4Wで放ったボールは、フェアウェイ左サイドを目指したが、狙いよりも「ほんの2、3ヤード」左に逸れ、左ファーストカットにこぼれた。

「昨季までは池に入らなかったら何でもいい、左のラフに入ってもOKみたいな感じだった」のだという。

この日、ティグラウンドから願いを込めて弾道を見送っていた石川は、ホールアウト後、「今日は池を恐れず、フェアウェイ左サイドを狙うことだけに集中してトライできた」と納得感を強調した。「今まで何十回もあのホールを回ったけど、これからの自分に対しての向上心を一番感じた1打だったと思う」。

「逃げの気持ちで打った失敗からは何も生まれない」と信じてチャレンジした1打だからこそ、前進を強く感じられる。7年連続で挑む難コースは、石川にとって、必ずしもスコアには表れるとは限らない“進歩”を試す場にもなっている。(フロリダ州タンパ/塚田達也)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?