GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

WGCキャデラック選手権
期間:03/05~03/08  場所: トランプナショナルドラール(フロリダ州)

世界1位がキレた マキロイ、クラブを池に投げ捨てる

2015/03/07 10:24

2日目の8番でミスショット直後にアイアン 2日目の8番でミスショット直後にアイアンを左の池に投げるマキロイ(画像はPGATOURオフィシャル動画より)

フロリダ州のトランプナショナルドラールで行われている世界ゴルフ選手権「WGC キャデラック選手権」の2日目。世界ランク1位のロリー・マキロイ(北アイルランド)が、ラウンド中に自身が使用していたクラブを池に投げ捨てるシーンがあった。

2オンに左サイドの池越えを強いられる前半8番(パー5)。マキロイは自らの行為で、2回も水しぶきを作った。1回目は、フェアウェイから222yd先のピンを狙って左に引っかけた第2打のボール。2回目はなんと、その手にあった3Iだった。ミスショットに怒りをあらわにし、右手で力いっぱい放り投げたクラブは、クルクルと回転しながら池へと消えた。

「その時は、ついカッとなってしまったんだ。60から70ydは飛んでいたかな」と苦笑を交えたマキロイ。スタートから2連続バーディで飛び出したが、続く3番からの2連続ボギーで帳消しに。7番でバーディを奪い返し、難度の低い8番で再び加速をつけようとした矢先のミスショットだった。

残り10ホールは13本でのプレーを強いられたが、「普段から3Iはあまり使わないんだ。たぶん、その後も使わないと思ったから投げてしまったんだ」と、行為の裏には意外にも冷静な判断もあったという。

後半インでは2つ伸ばして通算1アンダーとし、前日の27位から11位に浮上。「苦しんでいたけれど、そこからはしっかりプレーができた。決して誇れることではないけれど・・・そのときは気持ち良かったね」。ストレスの発散が、上位浮上につながったのかもしれない。

とはいえ「誰にも真似してもらいたくない。テレビで見ていた子供たちにも影響しなければいいが…。僕が果たすべき役割ではなかった。その瞬間は気持ち良かったけど、いまは後悔している」と反省の弁も。米ツアーからは罰金処分が下る見通しだ。(フロリダ州ドラール/塚田達也)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?