GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

【速報】ウッズが棄権 石川イーブンパー 松山1オーバー

石川遼は3バーディ3ボギーの「72」、初日をイーブンパーでスタートした

カリフォルニア州のトーレパインズGCで開幕した米国男子ツアーの2014-15年シーズン第12戦「ファーマーズインシュランスオープン」初日、石川遼はイーブンパー、松山英樹は1オーバーでホールアウトした。

また、この大会で過去7度の優勝を誇るタイガー・ウッズは背中の痛みが治まらず、11ホールを終えた時点で棄権した。ウッズは昨年、背中の手術を受けており、前週が昨年8月以来のツアー復帰となっていた。

予選ラウンドは南(7698yd)と北(7052yd)の2コースを使用。南コースをラウンドした石川は3バーディ3ボギーの「72」で回った。出だしの1番で1mのパーパットを沈められず、ボギーが先行。パー5の9番でも、グリーンまで4打を要しボギーをたたいた。

後半に入ると、10番、15番でいずれも第2打をピンそば1.5mにつけ、バーディ。16番(パー3)をボギーとしたが、18番(パー5)で8mを沈めバーディフィニッシュとした。

松山は北コースのイン10番からティオフし、1イーグル1バーディ2ボギー1ダブルボギーの「73」。12番(パー3)でダブルボギー、続く13番をボギーとする苦しい立ち上がりとなった。後半、1番(パー5)でイーグル、続く2番でバーディを奪ってスコアを戻したが、6番(パー3)でボギーを喫した。

ホールアウト時点で、石川は66位、松山は92位となっている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?