GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

全米オープン
期間:06/12~06/15  場所: コングレッショナルCC(メリーランド州)

タイガー・ウッズはオッズNo.1 余裕のラウンドで表情も明るいぞ!

月曜日、ようやくUSオープン・ウィークが本格的に始まった。
この日、タイガー・ウッズは軽くハーフラウンドの体慣らし。かるく調子をみるはずだったが、もちろん周囲はタイガー・マニアでぎっしり取り囲まれ、最後の9番にさしかかると「やれ!やれ!」と大歓声が巻き起こった。

セカンドのボールをピックアップしたタイガーはやおらそのボールをティアップ。なんとドライバーでグリーンに向かって打つパフォーマンスを見せ、ギャラリーは大喜び。ちなみこの9番は、607ヤードという超ロングホールだ。
ファンサービスする余裕さえあるタイガー。表情はくったくなく明るい。1週間の休養で、悪天候とショットの乱れで最悪だった先々週のダメージはすっかり消えているように見える。ショットは問題ないという感じだ。しかしグリーン上では、ちょっとナーバスな雰囲気も感じられる。コングレッショナルを征服するか、敗北するか、すべてはパット次第ということなのだろうか。

日本のジャンボは加瀬秀樹と組んでの練習ラウンド。これもハーフで止めるつもりだったのだが、つい残りのハーフもまわってしまった。せっかくラウンドし始めたんだから、やめるのはもったいなくなってしまったのだろう。
現地のオッズ(賭け率)ではもちろんタイガーがトップ。2番手はグレッグ・ノーマン。ノーマンの人気はやはりすごい。最下位はなんとコーリー・ペイビンで、1000対1! なんといっても元USオープンチャンピオンなのにね。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?