GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

米ツアー<裏>情報

■ メルセデス選手権<裏>情報

2003年米ツアー開幕戦メルセデス選手権で得た情報をお伝えしよう。まず優勝したアーニー・エルスが、契約しているタイトリスト以外のクラブをキャディバッグに入れていた。それはフォーティーン858というドライビングアイアンだ。また、タイトリストのプロトタイプドライバーで983K、そしてプロV1xを使い始めたらしいのだが、エルスのキャディによると、これにより25ヤードも飛距離を伸ばしたらしい。メルセデス選手権の平均飛距離1位はエルスで323.4ヤード。2位のビジェイ・シンを21ヤードも引き離しており、飛ばし屋のチャールズ・ハウエルIIIにも28ヤードも差をつけた。

またボブ・バーンズとクリス・スミスの2人が新しいピンの510ドライバーを使用し、クレイグ・パークスは新たに契約を結んだタイトリストのバッグとクラブを使い始めた。

セルヒオ・ガルシアのアイアン構成は面白く、2から5番まではテーラーメイド300フォージド、そして6番からウェッジまではテーラーメイドRAC540sを使用していた。

■ カルカベッキア無呼吸睡眠

米ツアー11勝を誇るマーク・カルカベッキアが、睡眠時無呼吸症候群に悩まされている。これは寝ている最中に呼吸困難に陥る病気で、ハル・サットンもこの病気にかかっていた。現在は呼吸をラクにするマスクを睡眠時に着用しているので、問題は解決されているとのこと。これによりカルカベッキア本人は「パッティングの調子が上がった」としている。近年の不調はこの病気のためだったと思われる。

■ 全米プロ覇者は一発屋

2002年全米プロで勝利し一躍トッププロの仲間入りを果したリッチ・ビームは、昨年末に特別イベントだけで約55万ドルを手にするなど、2001年のレギュラーシーズン以上に稼いだ。

しかし、メジャー勝者に望まれるだけの活躍をしていないのが実情で、グランドスラムに続いて2003年メルセデス選手権でも最下位フィニッシュするなど、思うような成績を挙げていない。

そんなビームに対しメディアは「一発屋」というレッテルを貼っているが、当の本人は「悪意に満ちた記事に関しては全て書き留めて、今度勝った時には笑顔でそのメモを書き主に送り返してやろうと思っている」と強気だ。また「選手が落ち込んでいる時に、さらに追い討ちをかけるような記事を書くのはどうかと思う」と釘を刺した。「悪く言う人に限って、ゴルフを知らない。自分も、知らない事柄に関しては悪く言うことがあるし、その気持ちは分るけど」...

R.グーセンがパパに

2001年全米オープン覇者レティーフ・グーセンと妻トレイシーとの間に第一子が生まれることが分った。予定は3月となっている。

■ 見分けがつかない双子

米ゴルフ界の天才双子少女、アリーとナリーのウォングルキット姉妹が、先日フロリダ州セブリングで開催されたハーダーホール女子招待に、2人とも全く同じ装いで現われた。一卵性で風貌が同じな上、身なりも同じとあっては見分けがつかないとの理由で、競技委員から「せめて帽子の色だけでも変えて」とのリクエストがあった。

■ 米ツアープロ老後の心配なし

米ツアー政策委員会は、2,850万ドル(約30億)を、米ツアー選手の引退後のための基金にまわすことを決定した。

M.キャンベル米ツアーに絞る

1995年の全英オープンで活躍したマイケル・キャンベルが、2003年は米ツアーを中心に戦う方針にした。キャンベルはニュージーランド出身の選手で、欧州ツアーを中心に戦っていた。

Golfweek


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?