GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

世界ランク上位は欧州勢が席巻!遼は1ランクアップの44位/男子世界ランキング

■ ワールドランキング(2011年度 第18週)

世界ランク1位のリー・ウェストウッド(イングランド)が、韓国開催となっていた欧州ツアー「バランタイン選手権」で2週連続優勝を飾り、トップの座を維持している。ウェストウッドはインドネシア開催のアジアンツアーで優勝をして、世界ランキングポイント20点を獲得していたが、韓国での優勝は出場選手の層が厚く優勝獲得ポイント42点となっていた。

またマスターズ以来試合に出場していないタイガー・ウッズは、これまで過去104週間で稼いだポイントが減ってきていて、最新ランクはワンランクダウンの7位に下降。替わって北アイルランドのロリー・マキロイが6位にランクアップ。これで世界ランク上位7位中6人は欧州選手となっている。

米ツアー「チューリッヒ クラシック」で優勝したバッバ・ワトソンが自己ベストとなる世界ランク10位まで順位を上げている。

日本人選手では中日クラウンズで12位になった石川遼が、前週比1ランクアップの44位。池田勇太は6位タイとなり、世界55位に上昇となっている。6月16日から19日に開催される全米オープンには、藤田寛之が昨年の日本ツアー賞金ランク2位の資格で出場権を得ている。その他の選手は、5月23日付と6月13日付の世界ランクで50位以内の順位になると出場権を自動的に獲得する。また5月23日茨城CC(西コース)で最終予選に参加して出場権を得ることもできる。

選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比)

1位/リー・ウェストウッド(イングランド)/欧州ツアー 韓国開催 バランタイン選手権 優勝/変動なし
2位/マーティン・カイマー(ドイツ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
3位/ルーク・ドナルド(イングランド)/チューリッヒ クラシック 8位/変動なし
4位/フィル・ミケルソン(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
5位/グレーム・マクドウェル(北アイルランド)/チューリッヒ クラシック 予選落ち/変動なし
6位/ロリー・マキロイ(北アイルランド)/出場せず オープンウィーク/変動なし
7位/タイガー・ウッズ(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
8位/ポール・ケーシー(イングランド)/出場せず オープンウィーク/変動なし
9位/スティーブ・ストリッカー(アメリカ)/チューリッヒ クラシック 13位/変動なし
10位/バッバ・ワトソン(アメリカ)/チューリッヒ クラシック 優勝/6ランクアップ

★ 主な日本人選手は以下の通り

選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比)
石川遼/中日クラウンズ 12位/44位(1ランクアップ)
池田勇太/中日クラウンズ 6位/55位(2ランクアップ)
藤田寛之/中日クラウンズ 22位/63位(2ランクダウン)
谷口徹/中日クラウンズ 17位/82位(4ランクダウン)
平塚哲二/欧州ツアー バランタイン選手権/85位(1ランクダウン)
松村道央/中日クラウンズ 49位/107位(1ランクダウン)
薗田峻輔/中日クラウンズ 7位/118位(7ランクアップ)
片山晋呉/中日クラウンズ 3位/125位(9ランクアップ)
高山忠洋/中日クラウンズ 9位/134位(1ランクアップ)
宮本勝昌/中日クラウンズ 52位/141位(5ランクダウン)
兼本貴司/中日クラウンズ 22位/161位(3ランクダウン)
小田孔明/中日クラウンズ 41位/167位(6ランクダウン)
近藤共弘/中日クラウンズ 22位/185位(4ランクダウン)
丸山茂樹/中日クラウンズ 予選落ち/187位(5ランクダウン)
丸山大輔/中日クラウンズ 12位/200位(3ランクアップ)
久保谷健一/中日クラウンズ 35位/214位(7ランクダウン)
今田竜二/チューリッヒ クラシック 予選落ち/217位(5ランクダウン)

■ USPGAツアー 賞金ランキング(賞金ランク対象45試合中 19試合終了)

PGAツアー屈指の飛ばし屋バッバ・ワトソンがプレーオフの末、ウェブ・シンプソンを下し、今シーズン2勝目を飾った。優勝賞金115万2000ドル(約9400万円)を獲得したワトソンは賞金ランク3位に浮上。FEDEXカップランクでは、前週の10位からトップポジションまで一気上がっている。ツアー3年目のシンプソンは今シーズン2位が2回目、既に177万ドルを稼いでいて賞金ランクは11位と、著しい活躍を見せている。

賞金ランク1位のルーク・ドナルドはニューオーリーンズで8位フィニッシュ。今シーズ
ン6回目のトップ10を挙げたドナルドは、既に300万ドル弱の賞金を稼いでいる。

日本人選手として唯一フル出場資格を持っている今田竜二は「チューリッヒクラシック」で通算4オーバーと奮わず予選落ち。今田は今シーズン11試合に参戦して予選を通過したのが5試合と低迷、賞金ランクは8ランクダウンとなり131位となっている。

ランク/選手名/試合数(優勝数)/賞金額/前週比
1位/ルーク・ドナルド(イングランド)/7試合(1勝)/2,926,867ドル/変動なし
2位/バッバ・ワトソン(アメリカ)/10試合(2勝)/2,904,817ドル/9ランクアップ
3位/マーク・ウィルソン(アメリカ)/11試合(2勝)/2,482,885ドル/1ランクダウン
4位/ニック・ワトニー(アメリカ)/8試合(1勝)/2,373,733ドル/1ランクダウン
5位/フィル・ミケルソン(アメリカ)/9試合(1勝)/2,161,531ドル/1ランクダウン
6位/マーティン・レアード(スコットランド)/10試合(1勝)/2,158,563ドル/1ランクアップ
7位/ゲーリー・ウッドランド(アメリカ)/10試合(1勝)/2,034,530ドル/1ランクダウン
8位/ブラント・スネデカー(アメリカ)/12試合(1勝)/2,031,100ドル/1ランクダウン
9位/アーロン・バデリー(オーストラリア)/11試合(1勝)/1,978,316ドル/1ランクダウン
10位/マット・クーチャー(アメリカ)/10試合/1,888,233ドル/1ランクダウン



64位/タイガー・ウッズ(アメリカ)/5試合/571,363ドル/4ランクダウン

131位/今田竜二/11試合/218,485ドル/8ランクダウン
145位/丸山茂樹/2試合/177,375ドル/13ランクダウン


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?