GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

バレロテキサスオープン
期間:04/14~04/17  場所: TPCサンアントニオ(テキサス州)

ケビン・ナがパー4で「16打」の大叩き!

トホホ…なスコアを提出したケビン・ナ。9 トホホ…なスコアを提出したケビン・ナ。9番がパーならば、4アンダーで3位タイスタートだった。

テキサス州TPCサンアントニオで行われている米国男子ツアー第16戦「バレロテキサスオープン」の初日。米国のケビン・ナが1ホールでなんと「16打」を記録する大トラブルに見舞われた。

1番から出たナは8番まで1アンダー。まずまずのスコアで前半を折り返そうとした9番だった。ドライバーでの第1打を右に曲げると、林に入ったボールは打つことができずにアンプレアブルに。しかしティグラウンドに戻って打ち直しの第3打も再び右へ打ち込んだ。

その後、密集する木々の中からショットを繰り返すが、なかなか出てこられない。打球が木に跳ね返って自分に当たるペナルティも加算され、林から脱出できたのはなんと13打目。結局18ホール終了後は何回打ったかわからず、映像を確認して「16打」でスコアカードを提出した。

それでもナは、その後のインの9ホールで3バーディ。「80」で8オーバーとなったが、140位で最下位は免れ「あのあとは、うまくプレーできた。自分をコントロールできた」と苦笑い。「あれがなければ、せめてボギーかダブルボギーくらいだったら、いい試合になったはずなんだけど…」と話した。

米国PGAツアーの競技では1998年の「アーノルド・パーマーインビテーショナル」でジョン・デーリーが6番パー5で「18打」を記録。1938年の「全米オープン」ではレイ・エインスリーがチェリー・ヒルズ16番パー4で「19打」を記録した例がある。

記事提供元: ゴルフダイジェスト・オンライン


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?