GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

マスターズ
期間:04/07~04/10  場所: オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

R.マキロイがロケットスタートで首位タイ!

7バーディ、ノーボギー、初日首位タイスタ 7バーディ、ノーボギー、初日首位タイスタートのロリー・マキロイ(Jamie Squire/Getty Images)

今季のメジャー第1戦「マスターズ」が7日(木)、ジョージア州オーガスタナショナルGCで開幕。ロリー・マキロイ(北アイルランド)が7バーディ、ノーボギーの「65」をマークしてスペインのアルバロ・キロスと並んでトップタイで発進した。

2番(パー5)で最初のバーディを奪ったマキロイは、続く3番の短いパー4でウェッジでの第2打をピンそば1メートルにつけ、4番では5メートルを沈めて3連続バーディとした。中盤以降も勢いは衰えず、15番(パー5)では確実に2オンして7つめのバーディを奪取。新世代を代表する21歳がトーナメントリーダーに躍り出た。

3度目の出場となるマキロイは、石川遼と予選ラウンドをともにした2009年は20位タイと鮮やかにオーガスタデビューを飾ったが、2度目の出場の昨年は予選落ちした。

しかし「去年の第2ラウンドはシーズンの中で最も悪い時だったと思う。その後、家に帰って自分のゴルフを見つめなおした。だからそれからシャーロット(クエイルホロー選手権)で勝つことができた」と言う。マスターズでの悔しさが自身の米国PGAツアー初優勝に直結したと分析する。

昨年セントアンドリュースで行われた「全英オープン」では第1ラウンドで「63」をマークし9アンダーの単独首位でスタートしながらも、翌日に「80」と大きく後退した。

初日だけ見れば、状況は似ているといわざるを得ない。だが周囲の不安をよそに、自信にあふれるマキロイ。「メジャー大会ではいつだって緊張するもの。ナーバスになるのは自然なことだし、求めていることでもある。今週のために練習を積んで準備してきた。年が明けて1月7日、クラブを手にしてから、ずっとオーガスタのためにやってきたんだ。きょうはそれが発揮できた。あと3日、成果を出せればいいと思う」。

本命不在といわれ、開かれたマスターズと言われる今大会。期待の新鋭がグリーンジャケットに袖を通しても、決して番狂わせではない。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?