GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

アーノルド・パーマーインビテーショナル
期間:03/24~03/27  場所: ベイヒルGC&ロッジ(フロリダ州)

S.ガルシアは今季最高位でフィニッシュ

2011/03/28 10:12

ホールアウトしたセルヒオ・ガルシア。18 ホールアウトしたセルヒオ・ガルシア。18番グリーンで息をつく

フロリダ州ベイヒルGC&ロッジで行われた米国男子ツアー第13戦「アーノルド・パーマーインビテーショナル」。セルヒオ・ガルシア(スペイン)が通算4アンダーの単独8位でフィニッシュし、今季の米国、欧州ツアーを通じて最高位に入った。

2アンダーの20位タイで最終日を迎えたガルシアは、3番から2連続バーディ。511ヤードと短いパー5の16番では残り213ヤードの第2打をピン右奥7メートルにつけ、これを沈めてイーグルを奪った。優勝争いに絡むことはできなかったが、結局「70」をマークして2つスコアを伸ばし温かい拍手を浴びた。

“神の子”と呼ばれ、10代からゴルフ界の第一線で戦ってきたガルシアは、燃え尽き症候群に陥り、昨年の「全米プロ」終了後から約2か月のリフレッシュ休養を取った。本格的に復活への道を歩み始めた今季。「(休養は)間違いなく、効果があったと思う。良かったのは、外に出たいと思えるようになったことだ。難しい試合ばかりだけど、今はそれを楽しむことができている」と言う。

間近に迫った「マスターズ」には「過去3年間のザ・プレーヤーズ優勝者」の資格で出場する(ガルシアは2008年に優勝)。

「アマチュアとして初めて出場した時(1999年)がマスターズで最高の思い出。そしてもちろん4位に入った時(2004年)もね」と思いを巡らせる。「また素晴らしい記憶を作りたい」と、静かに闘志を燃やした。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?