GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

トランジションズ選手権
期間:03/17~03/20  場所: ウェスティンイニスブルックリゾート(フロリダ州)

【GDOEYE】C.カウチのアプローチ

第3ラウンドの4番パー3でバンカーから寄 第3ラウンドの4番パー3でバンカーから寄せてパーを奪ったクリス・カウチ。ちなみにパターは長尺

左の写真、どこか不思議な気がしませんか?

一見何でもないバンカーショットのように見えるが、よく手元を見てほしい。

そう。この選手のグリップ、右手と左手が“逆”なのだ。多くの右打ちの選手は、左手がグリップエンドに近く、右手がクラブヘッド側にあるものだが、いわゆるクロスハンド(リバースグリップ)になっている。

パッティングの際にクロスハンドにする選手は多い。けれどもこちらのクリス・カウチはドライバー等ほとんどのクラブは順手で握るが、80ヤード以内のショットやアプローチをこうして打っている。

同選手がこの方法を取り入れたのは2004年にまで遡る。当時、短い距離のショットに悩んでいたカウチは、南アフリカ人のコーチにアドバイスを求めた。すると「南アフリカにはクロスハンドでアプローチをする選手がたくさんいる」と勧められ、さっそく実践。最初のうちはトップやシャンクばかりだったというが、努力の結果1、2か月たった頃にはこのスタイルに落ち着き、2006年「チューリッヒクラシック」では、最終日に18番でラフから15メートルのチップインバーディを沈め、米国PGAツアー初勝利を飾っている。

フロリダ州ウェスティンイニスブルックリゾートで行われている米国男子ツアー第12戦「トランジションズ選手権」の第3日。通算9アンダーの首位タイで出たカウチは、3バーディ、2ボギーの「70」で通算10アンダーの6位タイに後退。ジャスティン・ローズ(イングランド)に明け渡したトップとは3打差となったが、5年ぶりの優勝も射程圏だ。

いわゆる“常識”や“基本”からは逸脱しているかもしれない。けれど、そんな個性派の選手が皆、世界NO1ツアーで戦うため研鑽を続けている。(編集部・桂川洋一)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?