GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/23~02/27  場所: リッツカールトンGC(アリゾナ州)

マッチプレー初挑戦の藤田寛之が前日にコース入り!

グリーン攻略のためにはアプローチが大事だ グリーン攻略のためにはアプローチが大事だと話す藤田

「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」が、23日(水)に開幕するが、その前日に初めてコースに現れた藤田寛之。前日に現地入りを果たしたが、ホテルでしっかりと休養を取ってから、この日の朝にコース入りした。

ドライビングレンジで調整を行い、1番から練習ラウンドをスタート。2打目でグリーンを捉え、グリーン上に上がると「何これ!?」と第一声。日本のコースに比べて面積が大きく、アンジュレーションが厳しい形状に驚いてしまった。

この日はコースの下見と同時に、使用契約を結ぶタイトリストのボールテストも行った。従来、ProV1を使用していたが、昨年はV1xという少し硬めのボールを使用していた。今回は新しくなったV1もテストし、明日からの戦いにどちらを使うか打ち比べていた。

「このコースは、アプローチが鍵になりますね」と話す藤田は、18ホールの練習ラウンドを終え、アプローチ練習場に向かった。どこにボールを落せばどこまで転がるかなど、さまざまな角度から練習を繰り返した。

「今年最初の試合が、こんな大きな大会ですからね、自分なんかが出ていいんですかね・・・」と、藤田らしいコメントをするが、「出るからには、最後まで勝つ気持ちでやります」と、世界の強豪相手に気持ちでは負けないことを誓った。

記事提供元: ゴルフダイジェスト・オンライン


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?