GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ソニーオープンinハワイ
期間:01/13~01/16  場所: ワイアラエCC(ハワイ州)

日本アマ王者が米国PGAツアーに参戦

2011/01/13 15:21

2011年、PGAツアールーキーとして挑むキム・ビーオ。現在20歳、韓国期待の若手選手だ(写真は2010年 Ian Walton/Getty Images)

1月13日(木)から4日間、米ハワイ州オアフ島のワイアラエCCで行われる米国PGAツアー第2戦「ソニーオープンinハワイ」には今季からPGAのツアーメンバーとなった新人選手35人のうち、27人が出場する。中でも注目されるのが今季の最年少ルーキーとなる20歳のキム・ビーオ(金飛烏)だ。

韓国出身のキムはアマ時代から日韓でその名をとどろかせてきた。2007、08年の「日本アマチュアゴルフ選手権競技」に出場。石川遼も出場した07年には予選2日間で通算11アンダーをマークしメダリスト(予選トップ通過)のタイトルを獲得。08年には決勝で小平智を下して17歳で優勝、同年には母国の「韓国アマ」も制している。

同年の日本ツアーのQTを突破後プロに転向。昨季は韓国ツアー「ジョニーウォーカーツアー」で同ツアー歴代最年少となる19歳11か月19日で優勝。最優秀選手賞、最少ストローク賞、新人王といったタイトルを獲得した。そして12月に行われた米ツアーのQスクールを11位で突破しツアーメンバーの資格を手にした。

昨季はノ・スンヨルが欧州ツアー「メイバンク・マレーシアオープン」で優勝。日本ツアーではキム・キョンテが日本ツアー賞金王となり、プロアマを問わず、女子に負けじと若手の台頭著しい韓国男子ゴルフ界。楽しみな選手がまたひとり、世界最高峰のツアーでしのぎを削ることになる。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?